« 発芽玄米を炊きました | メイン | バターが主役です »

2015年11月12日 (木)

冬をつげる迫力の白菜鍋

本日のメニュー

白菜と鶏の煮込み(白菜、鶏手羽元・中・先、筍、椎茸、生姜)

ブロッコリー

里芋煮

トマトジュース

Img_2326

今朝は迫力の煮込み料理の登場です。

「お鍋にいっぱい作った」という白菜鍋。

それもそのはず、何と鶏の手羽中、手羽元、手羽先が、すべて素揚げされて入っているそうです。たっぷりのコラーゲンと油のコク、こんがりとした皮目の香ばしさが相まって、濃厚な旨味が出ていそうですね。味の補強に干し椎茸と生姜を加えた贅沢なスープでトロトロに煮込まれた、たっぷりの甘ーい白菜がこのお料理の本来の主役。おでんの大根のように、取り合いになりそうです…。

日本人にとって、いまやなじみ深い白菜ですが、実は日本で本格的に栽培が始まったのは明治末期から大正にかけて。その後改良が進み、今では生産量が大根、キャベツに次ぐ第3位の野菜となりました。

霜にあたった甘い寒白菜の旬まで、もうあとわずか。自然が作る絶品素材、ぜひ様々な料理法で美味しくたっぷり頂きたいですね。


今日の暦は・・・

【立冬(りっとう)】

今年最後の節分、立冬を過ぎるといよいよ冬の始まりです。早いところでは初雪が観測され、街中でも紅葉した木の葉が木枯らしで落とされる頃です。

『山茶始開(つばき はじめてひらく)』

“つばき”と読んではいるものの、さしている花は“さざんか(山茶花)”です。徐々に色がなくなっていく景色の中、鮮やかな濃いピンク色の花がひときわ目を引きます。

※【  】は二十四節気を『  』は七十二候を紹介しています

コメント

コメントを投稿