2013年1月

2013年1月31日 (木)

飯田先生のレシピの続きですhappy01

■なべで炊くごはん■

Gohan               
●材料                
米    1カップ(160g )         
水    260ml         
               
●作り方
①米を研ぎ、分量の水に30分浸水する。(無洗米も活用)
②蓋をし中火にかけ、沸騰したら12分加熱する。
③加熱を止め、10分蒸らす。

■切り干し大根と鶏ささみ缶の和えもの■ 

Aemono                  
●材料                     
切り干し大根   30g             
鶏ささみ缶   80g             
ゆかり    適量             

●作り方
①切り干し大根を食べやすい大きさに切る。
②ポリ袋に鶏ささみ缶と①を入れしばらく置く。
③ゆかりを混ぜる。

■きな粉棒■   

Photo                   
●材料                      
きな粉    50g+大さじ1                
蜂蜜    大さじ2(42g)               
                     
*きな粉大さじ1=7g                     
*はったい粉などでも作れる。                     
                      
●作り方
①ポリ袋にきな粉50gと蜂蜜を加えて練る。
②かたまりになったら、食べやすい大きさに切る。
③きな粉大さじ1を加えて振る。

2013年1月30日 (水)

飯田和子先生の料理教室
『缶詰・乾物でつくる美味しいレシピ―震災 災害に備えて―でお教え頂いたレシピの一部をご紹介します。

災害時、カセットコンロしか使えなかったら?手が汚れていたら?包丁がなかったら?などの想定の中で、作られたレシピです。

どれも分量の数字が絶対というレシピではないとのことです!
分量はあくまで目安なので、
ご家庭で調味料を使う時のように目分量で作っていただいてもおいしくできあがりますし、
また材料も、代用はもちろん可能です。

レシピの中の材料を参考にご家庭に常備してある食材や、今後常備できる食材で、ぜひお試し下さい。

■飯田和子先生の乾物サラダ■ 

作って驚かれる方もいるのでは?と思うくらい、食べ応えのあるサラダです。

0125kaisou                     
●材料                      
 炒り大豆    20g               
 ちりめん    20g               
  干しわかめ    3g               
 うずら卵水煮    4個               
  糸寒天     5g                
 ごま     大さじ1                
 水     大さじ2                
                      
  酢     大さじ1                
 砂糖     小さじ1                
 ごま油     小さじ1                
  塩     適量                
      

●作り方
 ① わかめ、糸寒天を食べやすい大きさに切る。               
 ② ポリ袋に、うずら卵以外の材料を入れ20分おく。
 ③ 調味料を入れ混ぜる。
 ④ サラダを盛り、うずら卵を添える。

■飯田和子先生のさけ中骨缶の団子汁■   

だしを入れていないとは思えないほどの旨みは、さけの中骨缶のおかげです。

0125soup                  
●材料                     
  さけ中骨缶    1缶(150g)               
  人参     20g               
 長芋     50g               
 水     800ml               
 みそ     50g               
 パセリ     適量               
                     

◎白玉粉     60g               
 水     大さじ3               
 白胡麻油     大さじ1               
                     
 生姜パウダー    適量               

●作り方
 ① ポリ袋の中で、◎をこねておく。
 ② 長芋を下処理し、ポリ袋に入れて叩く。
 ③ 鍋に水とさけの中骨缶を入れ加熱する。
 ④ ②と、人参をピーラーで切りながら入れる。
 ⑤ みそで味を調え、①の団子を入れる。
 ⑥ 器に入れ、パセリを散らす。

その他のレシピは明日お届けします。
どうぞお楽しみに!

2013年1月28日 (月)

小暮さんがブログなどでよくご紹介されている、
EXVオリーブオイルを「かければ」出来上がりのかんたんおいしいレシピ実行委員が実践してみました。

フルーツにオリーブオイルをかけていただきます。みかん、バナナ、マンゴーにトライしました。

まずはみかん。

見た目がかわいい!輪切りにするだけですごくおしゃれになります。

537204_10200570252285888_1737670320

小暮剛さんのみかんのカルパッチョの作り方 

1、みかんを皮付きのままスライスします。 

2、軽く天然塩、ブラックペッパーを振り、EXVオリーブオイルをかけます。

できあがり!

 10分くらい置くと、EXVオリーブオイルが皮に染みて、皮ごとおいしくいただけます。

栄養価の高い皮をおいしくいただけます!
バゲットに乗せて焼いてもおいしいとのことです。

02
(小暮さんのブログよりお写真頂戴しました)

おつまみや、朝ごはんにいいですね。

 

アンチョビも一緒に乗せて焼いてみました。こちらはおつまみです。

321303_10200570251365865_1872009961

次に、バナナです。
200℃のオーブンで20分皮ごと焼きます。

18989_10200650883341614_1637013818_

真っ黒になりました。 

熱々を取り出して、皮をめくると、
ふわふわの焼きバナナになっています。

555371_10200574738958052_1222462022

これにもEXVオリーブオイルをかけていただきます。
焼きバナナだけより、EXVオリーブオイルを加えた方が、バナナの甘さが締まります。 

最後はマンゴー。 

胡椒を効かせると、こちらもおつまみに変身します。

555411_10200574738878050_721550193_

おいしいオリーブオイルとフルーツだけで、サラダを作ってもおいしそうです。

 

オリーブオイル×フルーツ、ぜひお試し下さいhappy01

2013年1月25日 (金)

今日はメルマガでご案内していた料理教室が開催されました。
『缶詰・乾物でつくる美味しいレシピ―震災 災害に備えて―』と題したレッスンをしてくださったのは飯田和子先生。薬膳の先生でもいらっしゃいます。

P1010865_3

P1010876

今日お教え頂いたレシピは5つ!
・お鍋で炊くご飯
・乾物サラダ
・さけの中骨缶の団子汁
・切り干し大根と鶏ささみ缶の和えもの
・きな粉棒 

どのレシピも災害時に役立つ先生ならではのアイディアが入っています。

P1010868

材料は乾物や、缶詰を活用。
炒り大豆や、きな粉、切り干し大根は家に常備しておこうと思われた方、多かったのではないでしょうか。
お野菜は常温保存が利く、人参や長芋。
缶詰も、汁ごと使って栄養満点です。

作り方では、ビニール袋だけで作る物もあります。
袋の上から手で揉んで作る海藻サラダは想像以上のしっかりした食べごたえでした。
材料はビニール袋の中に入れたまま、キッチンハサミで切って作ります。

P1010879

さけ中骨缶の団子汁はおだしを入れずに作るのですが、驚くほど濃厚なお味でした。
ビニール袋で作った白玉もぷるぷるで美味でした。

P1010903

レシピに忠実に作らなくても、アイディアを覚えておけば、材料を変えて作れるはずとのご指導をいただきました。

P1010907

備蓄食材の大切さと、活用方法を考えさせられるお教室でした。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

2013年1月18日 (金)

ホビークッキングフェア2013のナビゲーターに出張料理人でオリーブオイルソムリエの小暮剛さんが就任されましたのでご報告いたします。

毎年、ナビゲーターをお務め頂いている小暮さん。
広い会場内を、拡声器(!)片手にご案内いただく「小暮シェフと巡る会場ツアー」は毎年大人気ですsun

1229

1210
小暮さんから皆様へご挨拶を頂戴していますribbon

diamond diamond diamond diamond diamond diamond

「ホビークッキングフェア2013」を楽しみにしているみなさまへ

みなさん、お待たせしました!いよいよ今年も「ホビークッキングフェア2013」が4月25日から3日間、東京お台場のビッグサイトで盛大に開催されます。
私も「ナビゲーター」の大役を務めさせて頂いて、はや4年目になります(笑)。
これまでにも、この3日間のために全国から元気よく集まって下さる素晴らしい出展者のみなさんと、御来場して下さるみなさまに「新しい食の様々な楽しみ方」を色々と御提案させて頂こうと、会場中をマイク片手に歩き回って、分かり易く解説させて頂いたり、「コグレならでは!」の斬新な企画を次々とさせて頂きましたが、今年は、さらにパワーアップしたパフォーマンスで、今まで以上に楽しんで頂けるように「とっておきの秘策」を、かなり前から練っておりますので、どうぞご期待下さいませ。みなさまとお会い出来ることを楽しみに、大きな体(187cm・0.1t・靴30cm)をさらに大きくして(笑)、会場でお待ちしております。

diamond diamond diamond diamond diamond diamond
「とっておきの秘策」・・・なんでしょう?!気になります!

お店を持たない出張料理人としてご活躍の小暮さん。

オリーブオイルソムリエとして、オリーブオイルを「かけるだけ」でおいしく食べられる食材の話になり、打ち合わせ後のランチでもいろいろなアイディアや視点をお教えいただきました。その内容は、またブログでご報告しますのでお楽しみにwink

___2

食事もオリーブオイルを使った料理をチョイスする小暮さん。
店員さんにメーカーも確認されてました。

今年の開催は4月25日(木)~4月27日(土)@東京ビックサイトです。

開催まであと、96日ですhappy02

2013年1月15日 (火)

あけましておめでとうございます。
今年もホビークッキングフェア、ホビークッキング倶楽部をよろしくお願いいたしますsign03
今年最初のブログは、ホビークッキングフェア2013の出展者様の最新情報です。

毎年ご出展いただいている、米穀安定供給確保支援機構様。
理事長木村様より、東北の復興支援の活動についてお教えいただきました。
食生活の改善に役立つ、「3・1・2弁当箱法」というメソッドは、お弁当派の人にも役立ちします。

present present present present present

米穀安定供給確保支援機構は、NPO法人食生態学実践フォーラムと共同で、
2011.3.11東日本大震災への復興協力活動を今も続けています。

私は一員として津波被害が甚大であった宮城県南三陸町の、
現在でも仮設住宅住まいをされているかたがたに対して、
望ましい食事のアドバイスを通じて健康や食生活面で抱えている問題の改善を図り、
そして共食会(皆が一緒に食事をする場の提供)を通じて、
暮らし・地域・環境などに関して積極的に情報発信できるように応援するという活動に参加してきました。

Cimg0421


活動は、昨年12月で3回目です。
対象は南三陸町 入谷小学校仮設住宅エリアで生活を余儀なくされている18世帯、
60,70,80歳台の主として女性が対象でした。

内容は食生活力形成支援をテーマに、「3・1・2弁当箱法」というメソッドで、
「体・心・くらし・環境にピッタリあった食事づくり」を体験し、
食生活力形成を進める共食会の開催がその事業です。

3・1・2弁当箱法による弁当作りは、先ず自分の年齢にあった容量の弁当箱を選び、
そこに、ご飯を3、主菜(肉、魚など)を1、副菜(主として野菜類)を2の割合で、
隙間がないように詰めて完成させます。

Cimg0415

私はすでに還暦過ぎなので、600Kcal/食、即ち600CC弁当箱を使いました。
当日用意してあるご飯、主菜として鮭の塩焼き、鶏のから揚げ、卵焼き、コロッケ、
副菜として、ポテトサラダ、ひじき煮、切り干し大根煮、青菜のお浸し、プチトマトを自分で選んで、
ルールに従い隙間なく詰めます。

Cimg0410


途中で先生や保健指導員さんが観察しながらアドバイスをします。
女性に対してはご飯が少なすぎるという指導が多かったように思います。

さて、皆さん弁当が出来上がったところで、其の弁当箱の中身を、各自の皿に盛り付けてみます。
不思議なもので、弁当箱で見た分量よりたっぷりに見えるのです。
これくらいしっかりと食べなくては栄養不足、栄養の偏りが発生することに気がつきます。
そして、次の食事までお腹は空かないということです。

Cimg0418


お茶のみ時にたっぷり食べるお菓子や漬物は控えめに。
エネルギーの過剰摂取のもと、必要栄養素の不足を改善し、
早く健康な食生活を実現してもらいたいと痛感した経験でした。