2013年1月30日 (水)

ホビークッキング料理教室の災害時に役立つレシピ

飯田和子先生の料理教室
『缶詰・乾物でつくる美味しいレシピ―震災 災害に備えて―でお教え頂いたレシピの一部をご紹介します。

災害時、カセットコンロしか使えなかったら?手が汚れていたら?包丁がなかったら?などの想定の中で、作られたレシピです。

どれも分量の数字が絶対というレシピではないとのことです!
分量はあくまで目安なので、
ご家庭で調味料を使う時のように目分量で作っていただいてもおいしくできあがりますし、
また材料も、代用はもちろん可能です。

レシピの中の材料を参考にご家庭に常備してある食材や、今後常備できる食材で、ぜひお試し下さい。

■飯田和子先生の乾物サラダ■ 

作って驚かれる方もいるのでは?と思うくらい、食べ応えのあるサラダです。

0125kaisou                     
●材料                      
 炒り大豆    20g               
 ちりめん    20g               
  干しわかめ    3g               
 うずら卵水煮    4個               
  糸寒天     5g                
 ごま     大さじ1                
 水     大さじ2                
                      
  酢     大さじ1                
 砂糖     小さじ1                
 ごま油     小さじ1                
  塩     適量                
      

●作り方
 ① わかめ、糸寒天を食べやすい大きさに切る。               
 ② ポリ袋に、うずら卵以外の材料を入れ20分おく。
 ③ 調味料を入れ混ぜる。
 ④ サラダを盛り、うずら卵を添える。

■飯田和子先生のさけ中骨缶の団子汁■   

だしを入れていないとは思えないほどの旨みは、さけの中骨缶のおかげです。

0125soup                  
●材料                     
  さけ中骨缶    1缶(150g)               
  人参     20g               
 長芋     50g               
 水     800ml               
 みそ     50g               
 パセリ     適量               
                     

◎白玉粉     60g               
 水     大さじ3               
 白胡麻油     大さじ1               
                     
 生姜パウダー    適量               

●作り方
 ① ポリ袋の中で、◎をこねておく。
 ② 長芋を下処理し、ポリ袋に入れて叩く。
 ③ 鍋に水とさけの中骨缶を入れ加熱する。
 ④ ②と、人参をピーラーで切りながら入れる。
 ⑤ みそで味を調え、①の団子を入れる。
 ⑥ 器に入れ、パセリを散らす。

その他のレシピは明日お届けします。
どうぞお楽しみに!

コメント