2014年1月

2014年1月30日 (木)

ホビークッキング、Web担当青山です。

今月からホビークッキング倶楽部のメルマガはホビークッキングフェア2014に向けて、月2回配信していますsign03

今日も配信日ですhappy01

まだ登録お済みでない方は、こちらからsun

http://www.hobbycook.jp/club/regist

ホビークッキングフェアをもっともっと面白くする情報満載のメルマガです。

プレゼント企画や、ホビークッキングフェアの最新ニュースなど、お届けしますcherry

 

さて、ホビークッキングフェアをもっと面白くする、といえば、1月から開始したばかりのブログ「ここが知りたいホビークッキング」はもうご覧になりましたか?eye

ホビークッキングフェアの出展者の横顔が見える読み応えのあるブログです。

ぜひこまめにチェックしてみてくださいねsign03

http://hobbycooking.lekumo.biz/kokogashiritai/

 

さてさて、新しい年になり、みなさま、ホビークッキングしていらっしゃいますか?

 

私は平日からそんなに手の込んだ料理をすることはまずないのですが、かんたんなのにおいしいアイディアレシピを見つけると、すぐ試してみたくなってスーパーやコンビニに走るタイプですhorse

昨日、ホビークッキングフェアでもおなじみの東海漬物さんのホームページを見ていたらおいしそうなレシピを発見sign01さっそく昨晩作ってみましたheart

 

キューちゃんのチーズトーストnotes

Kyuchan_2 

食パンの上にマヨネーズを塗って、ピザ用チーズと、汁気を切ったキューちゃんを乗せて焼くだけ!かんたんレシピですhappy02

私はさらに簡略化にしてしまい、マヨネーズはなしにして、パンの上にとろけるタイプのスライスチーズと、キューちゃんを乗せて、焼いて、終了ok

(写真には写ってないのですが、七味は乗せましたsunこれはぜひsign01

キューちゃんの爽やかな風味とチーズのまろやかさがマッチして、とてもお酒が進みそうなおつまみができました。

diamonddiamondきちんとしたきれいな写真と、正しいレシピはこちらからdiamonddiamond

http://www.kyuchan.co.jp/recipe/detail.php?nid=23&ts=1391047253

 

ホームページのお写真に写っているのは、、日本酒でしょうか。。。

キューちゃんのチーズトースト×日本酒・・・間違いない組み合わせですlovelybottle

 

お漬け物×チーズで塩気が少しきついかな・・・?と思ったのですが、キューちゃんは発売当初から減塩されてきているんですね。

http://www.kyuchan.co.jp/kyuchan/history/index.html

↑↑キューちゃんの歴史が東海漬物さんのホームページに出ていましたeye

キューちゃんすごいcatface

チーズと合わせても丁度いい塩気で美味でしたscissors

 

皆様もぜひキューちゃんを色々なレシピでお楽しみ下さいnotes

いつもホビークッキングフェアに来ていただいている皆さん、あの「太巻き祭りずし」ブースの出展者をご存知ですか?

Photo_12

「米穀安定供給確保支援機構」という、「米産業の発展と米の安定供給の確保を支援する」組織です。ホビークッキングフェアでは、「米や米粉の魅力」をたくさん伝えていただいています。

震災復興の応援として、今年は被災地の仮設住宅に住んでいる方々を対象に「太巻き祭りずし作り方教室」を開催、「梅の花」と「バラの花」の作り方をお教えしたそうです。

3_3

震災から2年以上たちましたが、同じ仮設住宅に住んでいても、顔を合わせる機会がなくてお互い面識のない方々もいるのだそうです。「皆さんに集まっていただき、太巻き祭りずしを作って食べていただいて、おしゃべりもはずみ、本当に喜んでもらえました。コミュニケーションにおける『食』の役割の大きさを感じました」と、機構の方から伺いました。

 もともと、この太巻き祭りずしは千葉県の伝統郷土料理です。千葉県のホームページによれば、「古くから冠婚葬祭や集まりの時のごちそうとして受け継がれ」てきたとのこと。現在は、千葉伝統郷土料理研究会が中心となって伝承を進めているそうです。

集い、作って食べて、楽しむ。それは、まさに今年のホビークッキングフェアのテーマですね! ぜひ、皆様もフェアで太巻き祭りずしの楽しさを体験してみてくださいnote

米穀機構のホームページでは、お米にまつわる様々なこと(歴史や文化、レシピまで)を紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね! (http://www.komenet.jp/)

2014年1月17日 (金)

木村さんへのインタビューの最終回です。

同時開催のホビーショーは第38回、それに比べてホビークッキングフェアは7回目です。ずいぶん回数が違うのですね?

ホビーショーは昭和52年に始まりました。回を重ねるうちに、ホビーの一つとしてお菓子作りやパン作りといった“食に関するホビー”の要望が来場者から上がりだし、それを形にしたのがホビークッキングフェアです。平成20年に第1回が開催されました。

ホビークッキングフェアのビジネス面での役割をわかりやすく教えて頂けますか?

出展者は、来場者がどういうものを好むのか、何に関心があるのか、いわゆる「消費者行動」を知りたいのです。ホビークッキングフェアで得た情報を、新商品の開発や商品の改良につなげることができます。また、地方の会社では、多くの消費者の声を聞くチャンスが少ないので、フェアを貴重な交流の場として活用しています。ビジネス用語で、来場者は消費者(C:consumer)、出展者側は企業(B:business)。出展者から消費者へ情報を発信し(B to C)、その消費者の声をすくいあげて出展者がビジネスに役立てる(C to B)。ちょっと専門的な言い方をすれば、フェアはB to C to Bの場と言えるのです。

 単純にフェアを楽しんでいましたが、そのようなビジネス的な側面があるのですね。興味深いお話でした。今年もフェアを楽しみにしていらっしゃる人たちにひと言お願いします。

 ワークショップを数多く用意していますので、1つでも2つでも、ぜひ参加して体験してみてください。特に土曜日には、親子参加のイベントもあります。新しい出展者も多いので、昨年とはまた違う情報にも触れていただけます。

 最後に、お聞きしてみました。実行委員長として、一番の喜びは?

 それは、やはり、フェアに来てくださった方に「楽しかった」「役立った」と言っていただけることですね。会場をうろうろしていますから、もし見かけたら声をかけてください。

 木村さんはやさしくニコッとされました。

2014年1月16日 (木)

前回に引き続き、ホビークッキングフェア実行委員会実行委員長、木村良さんのお話をお届けします。

この忙しい時代に、ホビークッキングフェアはなぜ「手作り」を大事にしているのでしょうか。

今は、外食でも、惣菜でも、好きな物を食べることができます。その豊かさの反面、朝ごはんを食べずに学校に行く子供たちもいて、栄養の偏りや孤食などの問題も浮かび上がってきています。キレやすい人間と栄養バランスの関連性の研究も行われています。家で手作りの食卓を囲むことの大切さを、もう一度見つめ直す必要があると思うのです。

では、時間をかけて手作りする方々でないと、ホビークッキングフェアに来ても楽しめないのでしょうか? 

たとえば、味噌汁を作るとき、前の晩に昆布を鍋に入れておくだけで、いいダシが出る。手作りとは、そういうことなのです。手作りによる違いが少しでもわかっていただければいい、そう願っています。日本には、ユネスコ無形文化遺産に登録されるような、すばらしい食文化がある。ホビークッキングフェアをとおして、手作りに少しでも興味を持っていただけるとうれしいですね。

 木村さんの話を聞いていると、私も食事にひと手間かけてみようと思ってくるから不思議です。「手作り」は、それほど難しいことではなさそうです。

2014年1月15日 (水)

今回は、 ホビークッキングフェアの実行委員長、木村良さんにお話を伺いました。一つ一つの質問に真摯に答えてくださる、ロマンスグレーの素敵な方でした。

Photo_10

今年のホビークッキングフェアは4月24日~26日。フェア開催まで4か月を切りました。主催者側としては、そろそろ準備で忙しいのでしょうか?

そうですね。準備は、テーマ決めや出展者募集など、昨年からすでに始まっています。これからは、ブースの配置決めと同時進行で、出展者の方々との調整に入ります。出展者の方々は、この新商品の反応を知りたいなど、それぞれの目的があってブースを出します。けれども、主催者サイドとしては、今回のテーマ「パーティー」に合わせた見せ方をしていきたい。その調整を出展者ごとに行っていくのです。

今年のテーマは、【ホビークッキングで手づくりパーティー、~「集まる」「作る」「食べる」を楽しむ~】ですね。「パーティー」にはどういう意味が込められているのでしょうか。

人が集うとき、そこには常に「食」があります。「食べる」ことは、ただお腹を満たすだけではない。コミュニケーションをスムーズにサポートする役目が「食」にはあります。震災以降、人々の結びつきの大切さが見直されてきたが、そこで「食」が果たす役割は大きい。集うことと食を結びつけたのは、そういう理由があります。

と、木村さんは熱く語ります。

ホビークッキングフェアが一貫して唱えているのは「手作り」だそうです。デパ地下やコンビニでも美味しいものが買える時代、人々が「時短」をキーワードにする、この忙しい時代に、なぜ「手作り」なのでしょう? それは、次回、「実行委員長に聞く②」でお伝えします。