2014年1月30日 (木)

集まって作って食べる楽しさを

いつもホビークッキングフェアに来ていただいている皆さん、あの「太巻き祭りずし」ブースの出展者をご存知ですか?

Photo_12

「米穀安定供給確保支援機構」という、「米産業の発展と米の安定供給の確保を支援する」組織です。ホビークッキングフェアでは、「米や米粉の魅力」をたくさん伝えていただいています。

震災復興の応援として、今年は被災地の仮設住宅に住んでいる方々を対象に「太巻き祭りずし作り方教室」を開催、「梅の花」と「バラの花」の作り方をお教えしたそうです。

3_3

震災から2年以上たちましたが、同じ仮設住宅に住んでいても、顔を合わせる機会がなくてお互い面識のない方々もいるのだそうです。「皆さんに集まっていただき、太巻き祭りずしを作って食べていただいて、おしゃべりもはずみ、本当に喜んでもらえました。コミュニケーションにおける『食』の役割の大きさを感じました」と、機構の方から伺いました。

 もともと、この太巻き祭りずしは千葉県の伝統郷土料理です。千葉県のホームページによれば、「古くから冠婚葬祭や集まりの時のごちそうとして受け継がれ」てきたとのこと。現在は、千葉伝統郷土料理研究会が中心となって伝承を進めているそうです。

集い、作って食べて、楽しむ。それは、まさに今年のホビークッキングフェアのテーマですね! ぜひ、皆様もフェアで太巻き祭りずしの楽しさを体験してみてくださいnote

米穀機構のホームページでは、お米にまつわる様々なこと(歴史や文化、レシピまで)を紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね! (http://www.komenet.jp/)

コメント