2014年2月26日 (水)

パンダを巻いてきました!

デコ巻き寿司の体験講座があるというので、見学に行ってきました。「キャンディ」と「パンダ」を巻きずしで作ります。講師は下野ひとみ先生。若い女性6名が参加されていました。

主催の日本デコずし協会さんは、千葉の伝統料理である太巻き寿司を、あらゆる世代が楽しめるように“デコ巻き寿司”と命名し、図柄およびレシピの開発をしています。

まずは、「キャンディ」。白い酢めしとおぼろで赤くした酢めしを20ℊずつに分け、それを全部で11個作ります。きちんと計量することが大事で、みなさん、真剣にスケールとにらめっこ。おしゃべりも減って、黙々と手を動かします。巻き上げて、4等分に切ったら、かわいいキャンディが現れました。みんなニッコリ。スマホを取り出してカシャッlovely

Candy2

おもしろそう! 私も作ってみたいな、という顔をしていたのでしょう。ぜひ一緒にどうぞと誘われるままに、デコ巻き寿司初体験。 

パンダは少し上級編。パンダの耳や目の周りの黒い部分は、酢めしに黒すりごまを混ぜて。鼻は野沢菜。口は魚肉ソーセージ。酢めしを15ℊ、20ℊ、30ℊなどなど、やはりキッチリ測ります。

【パーツ】

Photo

【組み立てます】 料理というよりは、部品を組み立てるようなイメージです。

Photo_3

【巻き上げました】 どんな顔になるか、まだよくわかりません!

Photo_4

【パンダの出来上がり】 目は、海苔をパンチで抜いて貼り付けます。

Photo_6

ホントはもっとかわいいパンダの顔が登場するはずだったのですが……。でも、私には記念の初デコずし。やはり写メして、友人・知人に見せてしまいました! 参加者のみなさんも、魚肉ソーセージをカットしたリボンを付けたり、海苔でウインクさせたり、それぞれのかわいいパンダを完成させていました。

百聞は一見にしかず、いえ、体験にしかず、です。

思ったように仕上がらなくても、うまくいっても、楽しい。不細工な出来でも、先生が「大丈夫、整形できますから」と優しくおっしゃってくださいました。

日本デコずし協会さんでは、インストラクターの養成もされています。どうぞ、ホームページをチェックしてみてください。http://deco-sushi.com/about/

ホビークッキングフェアでも体験教室があるそうです。そちらもお楽しみにnote

コメント