2015年4月 1日 (水)

「ササニシキ苗」が今年も来場します♪

Img_0264「まどにわ」ファンの皆さま、おひさしぶりです!

年末から冬眠に入っておりましたあの人気(?)企画が、年度初日の本日、3ヶ月ぶりに覚醒しました♪

― 初めてご覧頂く方へ ―

「まどにわ」とは、窓際庭園(="まどにわ”)でミニマムな自給自足にチャレンジするプロジェクトです。カイワレやレタスなど、過去のチャレンジもぜひご覧下さいね

 「まどにわ」2014秋〜冬

  http://hobbycooking.lekumo.biz/hobbycooking/2014/10/post-dbff.html

前置きが長くなりましたが、冒頭の写真、皆さまは何の植物かお分かりになりますか?

正解は・・・、

「稲」です。

本来は種もみから育てはじめるものですが、“思い立ったが吉日”が「まどにわ」のモットー(念のため、“無計画”と同義ではありません…)。

と、いう事で、まずはキッチンの米びつから玄米を一握り拝借。ひたひたの水に浸けて待つこと丸1日で、「牙の赤ちゃん」のような可愛い芽が一斉に出そろいました!

Img_0204  ※クリックすると画像が大きくなります

今回はあくまでも実験なので、半分は土に植え、半分は冒頭の写真のように水耕栽培で育ててみました。

Img_0208

↑こちらは土植え。

子供の頃に見慣れた、蜘蛛や蟻の卵の発掘現場に酷似した景色です…。

ゆっくりゆっくり成長を続け、1週間でやっと下の写真程度までのびました。

注)ペットボトルで育てています

Img_0262ヒョロヒョロのか弱い姿ですが、玄米からでも苗まで育つことが判明しました。

水耕栽培のものも順調に成長。

毎朝、日の出の頃になると先端にビーズのような水滴がつく様子を見るたび、「これはまさに水稲なんだ!」と、感動します。

Img_0264_2農業団体や自治体の中には、春先に種もみプレゼントのキャンペーンやイベントを実施するところもありますので、募集を見かけた際にはぜひチャレンジしてみてくださいね。

さて、我らがホビークッキングフェア会場で、昨年もひときわ大盛況だった「古川農業協同組合・全国農業協同組合連合会宮城県本部」様ブースでのササニシキ苗のプレゼント

なんと!今年もフェアご来場の方に、すくすく育った可愛い苗をプレゼントして下さるそうです。

もちろん、ブース内では美味しい宮城のお米(ササニシキ・ひとめぼれ)の試食や販売も♪皆さま、ぜひA-17/A-18「古川農業協同組合・全国農業協同組合連合会宮城県本部」様ブースにお立ち寄りくださいね。

・出展者リストはこちら:http://www.hobbycook.jp/fair/syutten02_index


・過去ブログには“3分でわかる「ササニシキ」”のエッセイも。合わせてお楽しみください。

『「ササニシキ」と「ひとめぼれ」』:http://hobbycooking.lekumo.biz/kokogashiritai/2014/03/post-1feb.html

コメント