2015年6月17日 (水)

夏野菜カレーに挑戦

P6130217 今年もそろそろ折り返し点。

関東はここのところ、雨が降るような降らないような不安定な天候が続いていますね。

そんな梅雨入り時におすすめの献活メニューは、ピリッとスパイシーな夏野菜たっぷりのヘルシーカレーです。市販のルーを使った簡単なレシピですが、美味しさの決め手は“蒸し炒め”。じんわり加熱で野菜の甘みをしっかり引き出してくださいね。

今回は、残ったお野菜でさっぱりとしたタコのマリネも作ります。

【夏野菜カレー】

P6140289

【材料】(5〜6皿分)

・タマネギ    中2個(約400g)

・塩      小さじ1/2

・オイル    大さじ1/2

(・カレーパウダー 大さじ1:お好みで、入れなくても可)

・おろしニンニク&ショウガ   各1片分

・鶏もも肉     中1枚(皮と脂を除く)

・ナス     中2〜3本

・ズッキーニ     1本

・キュウリ      2本

・パプリカ      1個(今回は赤・黄を1/2個ずつ使用)

・マッシュルーム 1パック

・ローリエ      1枚

・ミニトマト    10個

・固形のカレールー 3〜4片

・お湯(調整用) 約2カップ

・ごはん(本日はキヌア入り) 人数分

・トッピング  ラッキョウなどお好みで用意

【作り方】

1.タマネギは繊維にそって1cm幅にスライスする。厚手の鍋にタマネギ、オイル、塩をいれてからめ、フタをして弱火にかける。途中、こげないように2〜3回かきまぜながら、10分程炒める。

2.1を炒めている間に他の具材を用意する。鶏肉は2㎝角の角切り、ナスとズッキーニは2㎝程度の輪切り、キュウリとパプリカは一口大の乱切り、マッシュルームとミニトマトは縦半分にカットしておく。

P6130231

3.タマネギがしんなりしたら鶏肉を入れて炒め、火が通ったらニンニク、ショウガ、(お好みでカレーパウダー)を加えて軽く炒める。

4.3に、ミニトマト以外の野菜とローリエを加えて全体をざっと混ぜ、フタをして弱めの中火で蒸し煮するように10分程加熱する(途中、できるだけかき混ぜない方が良い)。

P6130239

P6130252

P6130241

5.10分したらフタを開けて火通りを確認する(野菜が蒸され、鍋底に蒸し汁が溜まっているくらいがベスト)。

P6130242

6.5にミニトマトと刻んだ固形のカレールー、調整用の湯をひたひたよりも少なめに入れて鍋中を大きく混ぜ、こげないようにヘラで時々混ぜながら5〜6分煮込む(混ぜすぎると野菜が煮くずれるので注意)。

7.最後に味を確認し、火を止め、ご飯、トッピングとともに器に盛る。

 

ここで完成です!・・・が、時間をおくと、更に味がなじみます。

【本日のポイント】

1.野菜は、水を入れて煮込むのではなく、蒸し煮した後で水分調整する!

  →仕上がりの甘味や食感が全く違います。ぜひお試しください。

2.カレーなので具材は何を入れてもいいのですが、旬のズッキーニはぜひおすすめ。少し厚めに切ると煮崩れにくいです。

おまけレシピ「タコのマリネ」は次回に続きます。

コメント