2015年9月21日 (月)

バケツ育ちの新米、いただきます

P9191412_2

先日、ついに刈り取りを済ませた宮城県古川地区発の「ひとめぼれ」。

2週間あまりの軒下「はさ架け」を経て、いよいよバケツ稲チャレンジの最終ステージです!

****************************

まずは「脱穀」です。

割り箸に穂を通してプチプチプチッと一気に外していきます。

限りなく地味な作業。正直、あまり楽しくありません・・・

新米気分を盛り上げる記事でモチベーションを保ちつつ、黙々と作業を進めます。

P9191396_2

終了です。分かっていたことではありますが、非常に慎ましい量です。

P9191397_2

次。

籾から玄米を取り出す「籾すり」です。

「少量なので、いつかは終わる」と一粒ずつ地道に籾を剥く作業を始めましたが、意外に固いガサガサの籾殻に、指先の皮が悲鳴を上げ始めました。

結局、20粒程度で断念。

代打はこちら!家庭用精米機です。

P9191410

精米機の蓋に、これ見よがしにかかれた赤字の警告。

故障の恐怖に怯えつつ機械をまわす緊迫の数分間、心拍数が上がります…。

P9210009***************************************

上記、不適切な目的での機械使用は自己責任と周囲の同意に基づいて決行しています。

常識ある皆さまは絶対に真似をせず、正しい使用法を守ってくださいね。

***************************************

機械から取り出し、籾殻と玄米に分けていきます。

初めはフッと吹くと軽い籾殻だけが飛ばせたのですが、中盤以降は籾から外れていない物も多く、結局、一粒一粒確認しながらプチップチッと選り分けざるを得ません。

P9191403

二人掛かりで黙々と作業すること20分。テンションが下がり続ける中、会話も途絶えがちです。

P9191405

終了です。玄米収量、19gでした。

P9191407

P9191409

棒でつく昔ながらの精米法にも惹かれましたが、スケジュール上、そろそろ“巻き”が入ってきました。

前出の精米機に再登板頂き、ささっと精米終了。

ついに27年産「ひとめぼれ」が目の前に表れました!

P9191419

いざ、最終工程の炊飯です。

収穫が少ない場合にはおかゆにしたり、他のお米とブレンドすると良いとマニュアルにはありますが、私が食べたいのはあくまでも生粋米のみの「銀シャリ」。

無い知恵を絞り、思いついた秘策はこちら!

「だしパック炊き分け法」です。

大さじ2杯に満たないひとめぼれをパックに入れ、普通に2合のお米を炊く時に便乗して炊いてみました。

P9201421

結果は大成功。見事に新米が炊きあがりました。

P9201423

P9201427

日頃から大切に頂いているお米ですが、ここまで一粒一粒が愛おしく感じられるのは初めてです。

ホビークッキングフェア2014終了から4ヶ月間、バケツ稲の成長を共に見守った家族全員でほんの一箸分ずつ頂いたお米は、とてもとても美味しく感じられました。

ごちそうさまでした!

*********************

貴重な体験の機会を下さったJA古川の皆さまをはじめ、先日の大雨によって甚大な浸水被害にあわれた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

コメント