2016年2月27日 (土)

料理教室レポート:2月【はじめての“薬膳的”韓国ごはん】〜春編〜

満開の梅や早咲き桜の便りに気分が春めく一方、まだまだセーターや毛布が恋しい気候続きの今日この頃。
そんな2月末に開催のホビークッキング俱楽部料理教室は「春の薬膳」×「韓国料理」をテーマに、カラダが喜ぶ韓国家庭料理と暮らしに役立つ春の薬膳を 国際中医師で韓国料理研究家の宮川昌子先生に“お腹いっぱい”教えて頂きました。


Cimg1292_2_2

【韓定食の基本です】

“テーブルの足が折れるほど”お料理を並べておもてなしをするのが礼儀とされている韓国。
そのおもてなしの心は、時間の制限があるお料理教室でも変わりません。
「参加される生徒さんに少しでも喜んで頂きたい」という宮川先生による心づくしの献立は、 ウェルカムドリンクの自家製柚子茶からデザートの韓国菓子&薬膳茶まで、品数も彩りも食材も豊富!それぞれのお皿には、春デトックスの要である肝臓の働きを活発にする旬の食材が数種類使われています。


Cimg1274

【今回は“講義”付き】

ご主人のソウル赴任同行をきっかけに韓国の魅力に取り付かれたという宮川先生。
韓国料理だけでなく薬膳への造詣も深く、今回は「20分で難しすぎない薬膳を教えてください!」 という無謀な依頼にも関わらず、春先におすすめの食材紹介等を盛り込みつつ、 薬膳の基本の考え方についてショートレクチャーをしてくださいました。


Cimg1284

【見ているだけでは分かりません】

もの静かな外見とは裏腹に、レッスン中の先生は情熱系…。
知っていると仕上がりに差がつくちょっとした下準備のコツや調理のポイントを惜しみなく伝授してくださいます。
さらに、韓国独特の調味料や出来立てキムチが登場すると「皆さん、味見してみてください!」と号令が。本日の生徒さんは目と耳だけでなく、舌でも知識を吸収中です。


Cimg1278

Cimg1290

【実習です】

習ったことを忘れないうちに、早速実習タイムに移ります。
どんなに簡単なお料理でも、見るのと作るのとでは違うもの。 手を動かしてみて初めて気づく疑問を解決しようとする生徒さんからの質問が後を立たず、先生は終始引っ張りだこでした。
今回は4人1組での実習でしたが、協力してお料理を作る皆様の様子はとても初対面同士とは思えない和やかさ。
各班ごとの個性が現れたきれいな盛りつけや、ベテラン主婦の皆様ならではの手際の良い片付けぶりに関心しきりでした。


Cimg1295_2

Cimg1289_2

Cimg1296

【おなか、ぺこぺこです】

実習で作り立てのお料理をテーブル一杯に並べたら、全員揃ってランチタイムのスタートです。
お野菜多めとはいえ、なかなかのボリュームでしたが、皆さまきれいに完食されていました♪


Cimg1299

試食時間中、一期一会のご縁を大切にされる先生のお声がけで、参加者の皆さまが順に自己紹介中です。
教室への参加動機やご感想も十人十色。ほんの数時間、偶然同席しただけのご縁ですが、お腹も心もより豊かな気持ちになりました。


Cimg1302

【フォローも万全です】

お料理教室受講後によくあるストレスが、材料が揃わないこと。
「せっかく覚えたお料理を一度は作って頂きたい」という先生の御厚意で、お帰りの際には韓国食材のミニお土産がつきました。


Cimg1303

さらに、3/14(月)11:00〜『宮川先生と行く、新大久保食材ガイドツアー&韓食ランチ』の催行が決定しました(参加無料/ただし交通費・食事代等諸経費は各自のご負担となります)の催行が決定しました!
今回のお料理教室に参加されていない方も含め、現在こちらのガイドツアー参加者を募集中です。
コリアンタウン上級者である宮川先生のご案内で、ぜひ楽しい街歩きをしましょう(ランチへの参加はご希望者のみとなります)。
参加ご希望の方は、お名前、メールアドレス、お電話番号(あれば携帯番号)、ランチ参加希望の有無を明記の上、hobbycook_info@hobbycook.jp(メール)もしくは03-3292-5055(電話/平日10:00〜17:00)までお申し込みください。



宮川昌子先生は、本年ホビークッキングフェア会期2日目の4月29日(金)、会場内「食のライブスクエア」レッスンブースにて韓国料理教室を開催されます。ご来場の皆さま、ぜひふるってご参加くださいね。

Cimg1304

コメント