2016年8月10日 (水)

このパイの正体は…

P8113987

突然ですが、みなさま、パイはお好きですか?

昨年秋に開催の「ビストロ料理教室」でも、秋デザートの定番 アップルパイは大人気!
焼きたてサクサクのパイに冷たーいバニラアイスのトッピング、至福の組み合わせですよね。

…それにしても、アップルパイやマロンパイなど、パイ菓子の旬にはまだまだ気の早いこの真夏に、なぜパイの話題…?と怪訝に思われていませんか。

実は、今日の主役は、今が旬の野菜をたっぷり使ったベジスイーツ、「セロリパイ」なんです。


P7233902


ことの起こりは、職場でもらった立派な株ごとのセロリ。
元々好きな野菜のため、サラダやスープ煮でも楽々消費できますが、「せっかくなら、これ程沢山あるときにしか出来ない料理に挑戦しなくては!」という“ホビークッキング魂”に火がつきました。


P7233904


思い出したのは、長野出身の陶芸家の方から聞いた「セロリジャム」です。
セロリの一大産地である長野では、農家のおばあさん達が加工センターで大量にセロリジャムを仕込んでいるとか。
ということで、レシピもないまま、適当に調理開始です。


P7233914


刻んだセロリを圧力鍋でトロトロに煮て、セロリの3割の量のお砂糖と、かなりたっぷりの量のレモン果汁を加え、トロッとするまで煮詰めたら完成です。
この見た目、言われなければまるでルバーブジャム…。味見をすると、驚いたことに“リンゴジャムの親戚”の様な味がします!(注:セロリ嫌いの人にはすぐ察知されますのでご注意ください)


Photo


と、いうことで、“リンゴつながり”から、全く予想外の展開ながら 引き続きセロリパイを作ることにしました。
お料理教室時に満留先生に教えて頂いた通り、美味しいパイシートにケーキクラムを敷き詰め…


P8113975


たっぷりシナモンを混ぜた“セロリ5本分(!!)のジャム”と、好物の甘酸っぱいドライクランベリーを詰めて、蓋をします。
約1時間、オーブンで底までしっかり焼けば…


P8113978


無事、完成です。
一見、何の変哲もない美味しそうなパイですが、


P8113995


断面はしっかりセロリ色。
かなり分かりやすくセロリの存在感がにじみ出ています。

内心こわごわ、3時のお茶の時間に出してみましたが、試食した全員から「これ、美味しい!」「よほどセロリが嫌いな人でないと、何のパイか分からないのでは?」と評価は上々。あっという間に1ホールのパイが売り切れました。



持ち寄りパーティーのデザートに、ちょっと意外性のあるものをお持ちになりたい時など、ぜひ一度お試しくださいね。

コメント