2016年8月26日 (金)

倶楽部会員直伝!「そうめんの食べ方」アイデア大公開

ホビークッキング倶楽部では、先日、メルマガを通じて「そうめんに関するアンケート」を実施しました。

どこのご家庭でもなじみ深い夏の定番食材にもかかわらず、めったに話題にされない「そうめん」料理。よそのお宅ではどのように召し上がられているのか、ちょっと気になりませんか…?

今年の猛暑もそろそろ落ち着いてくる頃ですが、まだまだそうめんのストックが残っていて…という皆さまのために、本日は、会員の方から頂いた回答のレポートを抜粋してお届けします♪(回答数:86)


【Q:ご自宅にそうめんのストック(買い置き・頂き物など)はありますか?】

Q1_2
さすが、夏の風物詩!堂々の結果です。
なんと(特に夏場は)97%ものご家庭にそうめんが常備されていました。


【Q:どの程度の頻度で召し上がりますか?】

Q2
こちらは、「週2回以上」と「週1回程度」の方が拮抗しています。
なかなかの頻度ですが、皆さん、どのように召し上がられているのでしょうか…、気になります。


【Q:そうめん料理のお悩みを教えて下さい】

マンネリ/レパートリーが少なく、他の麺類に比べ調理方法が単純になりがち
・すぐに伸びて、くっついてしまう
・丁度いいゆで加減を判断しにくく、茹ですぎがち
そうめん以外のおかずを作るのが面倒/副菜が思いつかない/栄養バランスが心配
残った時に使い道がないので活用法を知りたい

やはり、お悩みのトップは「マンネリ」「すぐにくっついてしまうこと」。…わかります!

集計中にクスッと笑ってしまったお悩みは、
子供が飽きる/いやがる
・子供は食べたがるが、パンチがないので夫が嫌がる
・他の麺類に比べて、家族のテンションが上がらない(リクエストが少ない)


皆さん、お母さんや奥さまを悩ませないでくださいね。

献立の悩み多き皆さまのマンネリ打破のため、会員の方々に「定番」と「変わり種」のそうめんの食べ方も教えて頂きました。


【Q:定番orおすすめの食べ方を教えて下さい】

まず最も多かった定番の食べ方は、こちらの3種。

市販の麺つゆ&薬味(生姜・ネギ・ごま・みょうが・きざみ海苔など)
ごまだれ(お味噌とすりごまを水で溶いたもの)
五目そうめん(錦糸卵・ささみ・ハム・キュウリ・もやし・かまぼこなどをトッピング)


手軽で飽きない、定番中の定番ですね。

次に、「変わり種」の食べ方です!

辛子明太子で和えて、和風たらこスパゲティ感覚で食べると美味しいです
焼き油揚げ・蒸しナス・ミョウガをのせてぶっかけにします。
チーズ焼きそうめん(フライパンで、ゆでそうめんとチーズを溶かしてこんがり焼く)
・たまねぎ・油揚げ・人参を煮たものを薬味にします
焼き鳥と卵焼き、きゅうりをのせて食べます。


「なるほど、その手が!」という簡単アレンジそうめん、参考になります…。
天かすではなく、焼き油揚げをのせるのは香ばしくて美味しそうですね。
焼きリゾットならぬ、焼きチーズそうめんも、お子さまのおやつや、ビールのおつまみになりそうです。

・茹でたそうめんに「お茶漬けの素」とお湯or麦茶を注いでお茶漬けそうめんにします
・時々、春巻きや巻きずしにします。


『お茶漬けそうめん』は、ありそうでない発想!。
「そば寿司」ならぬ『そうめん巻きずし』も、新鮮です。具に何を巻かれているのか、気になります…。

・薬味にパクチーをつかうのが今年のマイブームです。
・麺つゆにごま油やオリーブオイル、エゴマ油をたらすとコクが出ます
・バジルソースやトマトソース、マヨネーズを入れた麺つゆに、生野菜や薬味を入れて食べます。


パクチー、今年は本当に流行っていますね。フォーの感覚でしょうか。
「麺つゆにナンプラーを入れると美味しい」というお声もチラホラ頂きました。
さっぱり過ぎて物足りないという方に人気が高かったのが、“オイル”系&マヨ足し!
ストックしてある機能性オイルや、冷蔵庫で眠っているソースを麺つゆに足すと、味に変化が出て食べあきないそうです。

ちなみに、食べきれなかったそうめんのリサイクル法は
お味噌汁の具にします
・ハム、野菜を足してマヨネーズで和えるそうめんサラダ
・ツナとニラを入れてチャンプルー
など、皆さまほぼ同様に、美味しく食べ切る工夫をされているようでした。


紙上そうめんい座談会、いかがでしたか?
先日のそうめん食べ比べイベントでご登場頂いた満留邦子先生のレシピブック『そうめん』にも、沢山のアイデアレシピが掲載されていますので、書店で見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね。

コメント