2016年10月

2016年10月30日 (日)

Img_1209

ホビークッキング倶楽部とandpartyのコラボレーション料理教室『HOBBYCOOKING×andparty』の10月レッスンは、杉なまこ先生の「秋のおもてなし和食」教室でした。


Img_1200
北海道産のピカピカさんまと、しっとり秋らしい色合いのお野菜や果物、素材の味を引き立てるこだわり調味料が並ぶ“魅せる”ディスプレイは、なまこ先生の真骨頂。 粋な演出でお出迎えするアイデアは、ホームパーティにも取り入れられそうです。


3_smile
7月教室以来 3ヶ月ぶりとなる“なまこ劇場”ですが、序盤から冴え渡るユーモアセンスとキレの良いトークは期待以上♪
今回も、2時間半、終始笑い通しの楽しいクッキングショーとなりました。


4_arimani
鮮やかな包丁さばきを披露しつつ、プロならではの調理のコツや、“いまさら聞けない”基本のおさらいを随所に散りばめてくださるのがなまこ先生流。
今月のメイン【さんまの有馬煮】も、ちょっぴり贅沢な実山椒の佃煮や、ほんの一手間、こんがり焼目をつけた長ネギをあしらいに添えるなど、「家庭的な煮魚」を「おもてなしの一品」にランクアップさせるポイントが満載です。


4_siage
美味しいお料理に欠かせないのが、仕上がり直前のお味見です。
「レッスンで習ったレシピ分量に頼り切りではなく、自分の舌でベストの味付けを見極めるのが大事!」とおっしゃるなまこ先生。

火から下ろす直前には、HOBBYCOOKING×andpartyレッスンではお馴染みの「ごちそうの達人」食材の中から、今回レッスン用に厳選頂いたこだわりの熟成再仕込み醤油を“追い醤油”としてさっとひとたらし。麹と大豆の甘く芳醇な香りが、ふわっと引き立ちます。

〜・〜・〜・〜・〜
なまこ先生をはじめandparty登録マイスターの方々は、日本の発酵文化を未来に継承したいと考える千葉県のこだわり商品専門問屋、五味商店が厳選した全国各地の商品の中から、ご自身が本当に気に入ったものだけをセレクトして広くご案内する「ごちそうの達人」という活動のアンバサダーです
〜・〜・〜・〜・〜


5_shira_ae
大ぶりの柿が手頃な価格で出回る今時期ならではの「柿釜」は、今回レッスンのサプライズ♪
お好みの食材を濃厚な練りゴマとお豆腐でさっと和えただけの即席白和えも、柿の器に盛り込むだけで、立派なおもてなしの一品になりますね。


6_menu
さんまと白和えの他にも、塩麹で薄味に仕上げた彩り豊かな「根菜きんぴら」、“季知らず”のヘルシーメニュー「ささみのゴマ焼き」、焼穴子と生姜入りの「ごちそうさつま芋ご飯」など、今月は習ってすぐに作りたくなるレシピが勢揃い。あという間に、おもてなし献立全5品が仕上がりました。


7_moritsuke
出来立てのお料理を各自できれいに盛りつけて頂き、いよいよ待ちに待ったご試食イムです。


8_cimg4056
レッスン中に聞き逃してしまったポイントのおさらいはもちろん、お料理には関係ない趣味のお話等にも話題は広がり、ほんのひと時、楽しい会食をお楽しみ頂きました。


Cimg3760
主婦目線とはひと味違う食材の取り合わせや、華のある盛りつけ術&確かな味付けで好評のなまこ先生の次回レッスンは2017年1月25日(水)です。
最終回となる1月は、ご家族皆で囲みたい熱々の煮込みやオーブン料理が登場予定!
皆様、ぜひお誘い合わせくださいね。



20161031_234025
11月16日(水)の次回コラボ教室講師は、手軽でヘルシーなお料理と自家製調味料で人気の澤田美奈先生です。
あったかメニューが恋しい季節にぴったりの本格韓国料理「サムゲタン」や、自家製甘酒&麹調味料のレシピをご紹介します。
ご予約の残席は、本日時点で1名様のみ!
ご興味のある方は、ぜひお早めにお申し込みくださいね。
▽11月レッスンの詳細はコチラから
http://www.hobbycook.jp/club/party2016-11



【参加者の皆さんからレッスンの感想を頂きました♪】
●お料理されている手元もよく見え、途中で質問もしやすく、学びやすい空気を感じました。細かい基礎を習うというよりは、家庭で美味しいお料理を作れるようにシンプルにまとめられていて再現イメージがつきやすく、帰ってから作るのが楽しみです。(てりー様)
●日々こなしているお料理に、スパイス(刺激?)が欲しくて参加しました。早速作ってみます。
●焼くしかレパートリーの無かったサンマ他、素材に広がりができてうれしいです。なまこ先生、最高!!
●初参加でしたが、少人数で先生の作業手順が近くで見れて良かったです。

2016年10月18日 (火)

P8180911

8月上旬に出穂した「ひとめぼれ」。
今年は天候に恵まれず、実入りも色付きも期待通りとは行きませんでしたが、9月中旬になって無事頭を垂れてきました。

P9061097
貴重な作物をスズメ軍団にさらわれないよう、一穂ずつ丁寧に袋がけ。
ほんの数株しかないので楽勝です。


P9061111
本来、9月下旬には十分に育っていたのですが、諸般の事情により、収穫が延び延びに…。10月中旬になってからやっと刈り取り、昨年同様に軒下に吊るしました。
良く言うと「慎ましやか」な、率直なところかなり「ショボッ…」とした収量のホビークッキング米。
今年は無理矢理「銀シャリ」で食べてしまうのではなく、おめでたいお正月飾りに取り入れて、貴重な収穫に感謝したいと思います。


皆さんも、来年のフェア会場でかわいい苗を見つけたら、ぜひぜひご自宅で半年間育ててみてくださいね。