カテゴリ「2倶楽部料理教室」の29件の記事 Feed

2017年11月28日 (火)

1

ホビークッキング倶楽部365日の料理教室11月はアップルクランブルケイク(英国風)。
まずは作り方の説明から。


Photo

今回のレシピのポイントはたっぷりのりんごとラムレーズンが入っていることです。
りんごを干して水分を飛ばしているのも特徴的です。
どれがりんご・・・?と思われるかもしれませんが、写真のバットの中右下の角にある、角切りになっているものがりんごです。


Photo_2

生地を作っていきます。
常温に戻したバターを泡立て器で混ぜ、そこへどんどん材料を加えて行くのですが
・・・・。
思った以上に力が要ります!!
笑顔は消えて皆様、真剣な表情で作業に没頭中。


Photo_3

粉類まで加えたところへ、最後にりんごとラムレーズンを加えます!
ラムレーズンは1つ前のブログに上げた(有)プロジェクト・ヤマダ様のレーズンを使って手作りしたもので、たっぷりラム酒を吸ってふっくらとふくらみました♪


Photo_4

型に生地を入れて、平らにしたら今回のレシピたタイトルにある”クランブル”をまんべんなくかけます。
英国風と言うのはこのクランブルを使うからつく名前だそうです。


1_2

焼き上がりです!
これは生徒さんのお持ち帰り分です!
とっても美味しそうな焼き上がりです。


Photo_5

軽食を食べた後、最後は先生の作ったケーキです。

Imgp1145

11月22日の365日の料理教室で使うラムレーズン。
有)プロジェクト・ヤマダ様から提供をして頂いたレーズンを使って手作りしました!!
(有)プロジェクト・ヤマダ様のレーズンは油のコーティングがないのでとても使いやすいですよ♪
レーズンだけでなく、あんず、ラズベリー、松の実などいろいろな種類のドライフルーツ類を取り扱っていらっしゃいますので、是非お使いになってみてください!



Imgp1149

作って2日目のラムレーズン!
ひたひたに入れたラム酒をレーズンがぐんぐんと吸ってラム酒の量が少なくなっているのがわかりますでしょうか?


少なくなったラム酒はまたひたひたにつかるまで足していきます。



ラムレーズンの作り方下準備
①レーズンは油でコーティングされていないものを選びましょう。
②保存容器はしっかりと煮沸しておきます。




ラムレーズンの作り方
今回は500gのレーズンを使って作る分量をご紹介します。(上の写真の1瓶分です。)
保存がきくので、お好みの分量で作ってみてください!
①鍋にレーズン、砂糖(レーズンの重さの20%程度(100g))、ひたひたの水を入れ火にかけ、水分がなくなるまで煮ます。
②1のレーズンを瓶へ入れ、ひたひたになるまでラム酒を注ぎます。
ラム酒はダークラムがおすすめです。
レーズンがかなりラム酒を吸うので720mlは最低でも必要です。

後は、レーズンがラムを吸ったら新たに足していくだけです。
冷蔵庫で保管するのがよいでしょう。
ケーキに入れるだけでなく、アイスクリームに添えて食べたりなどいろいろなものに活用してみて下さい!

2017年10月30日 (月)

Kurinopaundo



自慢の一品を作りましょう~10月メニュー~栗のパウンドケーキ~9月からの3ヵ月はお菓子を作る3ヵ月。今回は栗がたっぷりと入った贅沢なパウンドケーキです。

まずはお茶をのみながら、作り方の説明を。Photo



次は早速先生にレクチャーを受けながら生地作りです。バターに砂糖を加え混ぜていくのですが思った以上の重労働!!作業で一番の難しいポイントはバターに卵を混ぜ込むところです。とにかくひたすら混ぜ込むのでどんどん生地が重くなっていきます。 薄力粉を加えて、最後に栗の渋皮煮を加えます。

Photo_2




2



続いては型に生地を流し入れるところですが、入れ方にもポイントが!真ん中部分はへこまして、周りに生地がくるようにします。


自分が作ったものがわかるように、型にはあらかじめお名前を書かせて頂きました♪


あとはオーブンに入れて焼き上げます!

Photo_4



出来上がりました!皆様とっても美味しそうに出来上がっていました。粗熱をとるためケーキクーラーの上で休ませます。

Photo_5



来月はりんごとラムレーズンのクランブルケーキです。


午後2名のみ募集をいたしております。簡単にできて本当に美味しいケーキです。


お楽しみに~♪
2017年10月 6日 (金)

Photo



自慢の一品を作りましょう~9月メニュー~求肥入りどら焼き~9月からの3ヵ月はお菓子を作る3ヵ月です。最初は和菓子のどら焼き作り。どら焼きは買うイメージが強いですが、実際自分で作ってみると本当に美味しいです。 まずはお茶をのみながら、先生から小麦粉や薄力粉の違いやあんこの作り方やあんこの固さについての説明を受けています。”和菓子の美味しさはあんこで決まる”と言う先生の言葉が印象的でした。


Photo_2


次は生地を作ります。使う材料はとってもシンプルです。ここでも重曹の目の粗さでどのような変化があるかレクチャーがありました。選ぶ素材で出来上がりが変わってくるのですね!!


Photo_3



生地を寝かせている間に求肥の作り方を実際見て頂き、出来立ての試食も!!どら焼きに入れる大きさにカットしていきます。


Photo_4


Photo_6



一番のメインイベント・・・ですが結構地味な作業。生地を焼きます。油が多いと虎模様の皮に。油の量がちょうど良いと写真のような綺麗な焼き色になります。単純作業ですが同じ大きさに生地を流すというのが実は難しいのです。焼き上がった生地は同じ大きさどうしを組み合わせておいておきます。


2



最後に、手作りのあんこと求肥を挟んで出来上がり!!


Photo_7



今日の軽食は太巻きとすまし汁です。 デザートは先生が作った栗入りのどら焼きとお茶です。


今月の教室は午後、若干名空きがあります。栗がたっぷり入ったパウンドケーキを作ります。 お楽しみに♪
2017年8月31日 (木)

Photo



自慢の一品を作りましょう~8月メニュー~本場北京の味をご家庭でもと言うことで、盛だくさんの内容でした。まず最初はどうやって作るかの説明を受けます。少人数なのでアットホームな雰囲気です。


Photo_2



2時間半のお教室なので、野菜のカットなどは全て済んでおります!!


Photo_4



北京仕込みの餃子の具材を皆さんそれぞれ作成中です。お箸で何をしているのか??正解は肉を捏ねているところです!!菜箸を使うことで肉に熱が加わることなく練ることができるのです。中に水やサラダ油などを入れるたびに、生徒さんから「今まで、水も油を加えたことがなかった!!」などの驚きの声が上がっていました。餃子は作ったことがある人がほとんどだと思いますが、コツを習うことで本場のジューシーな餃子が手軽に作ることができるように!!


Photo_5



今度は手作りの餃子の皮を作ります。生地は先生がこねて、どの程度の仕上がりにしたらよいかなど丁寧に説明しながら作ります。1時間ほど休ませた生地を使って皮を伸ばしていきます。


Photo_6



みんなで水餃子の生地を丸くのばしながら、中にたっぷりの具材を詰めています。


Photo_7



続いて、海老ニラ焼きまんじゅうの包み方をレクチャー


Photo_8




海老ニラ焼きまんじゅうを焼いているところです。焼き餃子と水餃子も時間差で作りました。


Photo_9



出来上がりの写真がちょっと少ないのですが、海老ニラまんじゅうと手作りの杏仁豆腐です。


Photo_10




【参加者の皆さんから感想を頂きました♪】
● 皮から手作りで水餃子もおいしことがわかりました。
● 作ったことがあると思っていたが、知らないことがたくさんあった。会話の中に新しい情報が得られて有意義でした
●入江さま
餃子の粉の配合やコツを教えて頂けて楽しかったです。デザートまで頂けて大満足でした♪
●たぐさま
皮の手作りで水餃子がとってもおいしく出来ることがわかりました。
2017年7月 3日 (月)

6月28日に行われたホビークッキング倶楽部365日の料理教室の様子をUPいたします。
6月のテーマは”焼売を作りましょう♪”ということでたっぷり1人25個~30個の焼売を作りました。

Photo



今回から午前と午後との2回に分け少人数での体験型レッスンを行っています。まずは自己紹介をしつつお話です。

Photo_3


Photo_5


まず、皆さんがびっくりされていたのは具材をねる時に菜箸を使うという点でした。 調味料を入れて、ひたすら一定方向へグルグルと混ぜております。



Photo_4


今度はシューマイの皮へ作った具材を包んで行きます。最大のポイントは包むことだと先生がおっしゃっていました。皆様最初は要領が掴めずなかなか思うように行かない様子でしたが、先生の指導をうけつつ最後は満足行く出来に♪


作ったものは写真のように詰めてお家へお持ち帰りして頂きました。(入りきらない分がまだあり、別のフードパックへ詰ました!)

Photo_2



最後に軽食を食べつつ、色々なお話を。 焼売を作った事がある方も、こんな風に作るなんて知らなかった!!っとおっしゃる方もいらっしゃいました。本やネットで調べて作るのと、実際に先生に習うのとでは全然違うというお声も頂きました。少人数でのレッスンですので、アットホームでゆったりとしたお教室になりました。

Photo_6




次回のお料理教室は7月19日(水)に開催です!! 暑い7月にピッタリな冷やし麺です。レモン風味のごまダレをマスターして是非お家の定番にしてください。詳細に関してはHPにUPしてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。

7


2017年3月21日 (火)

Imgp0444


最終回のホビークッキング倶楽部とandpartyのコラボレーション料理教『HOBBYCOOKING×andparty』の3月レッスンは、食を通じて体と心のバランスを整える方法を教えて下さるタド・ジュンコ先生の「春爛漫♪ハレの日のビーガン料理」がテーマでした。


まずはゆったり自己紹介からスタートです。写真がないのが残念ですが、春にピッタリの桜茶を飲みながら♪

Imgp0437


動物性の食材を使わない先生のレシピに欠かせないのが、昔ながらの伝統製法を守る調味料や、化学肥料の使用を極力減らすなどした安心安全な食材。
今月も、先生が太鼓判を押す厳選素材が大活躍します。


〜・〜・〜・〜・〜
タド先生をはじめandparty登録マイスターの方々は、日本の発酵文化を未来に継承したいと考える千葉県のこだわり商品専門問屋、五味商店が厳選した全国各地の商品の中から、ご自身が本当に気に入ったものだけをセレクトして広くご案内する「ごちそうの達人」という活動のアンバサダーです。
▽「ごちそうの達人web shop」はこちらから
http://andparty.jp/shop/
〜・〜・〜・〜・〜


Imgp0472


爽やかベジちらし寿司は玄米を炊き上げ、寿司めしの酢の部分は梅酢と柚子果汁を使ったスペシャルな風味。砂糖を使わず素材本来の旨味を存分に感じ取れる一品です。



Imgp0477_3


モチアワのパクチー蒸し餃子です。モチアワの食感が粒感もありながらももっちりとしていてお腹にしっかりたまる一品です。パクチーのみじん切りが入りさやわかな風味に仕上がりに。



Imgp0466


くるみを使ったにんじんの白和えです。シンプルですが、生のくるみを使っているところが特徴的です。くるみは酸化しやすいので酸化していない状態で美味しく頂きます。



Imgp0464_2



油揚げの口を開けて、トースターにカリカリに焼き香ばしさをプラス。菜の花とキヌアのマリネうしたものを詰め、色よく並べます。味つけは醤油、マスタード、ごま油のシンプルな味つけです。



今回の写真はここまでです。可愛らしい見た目のデザートがないのが悔やまれます・・・ので 先生が作ってくださった見本の写真を貼っておこうと思います。


201703155



Imgp0451


今回は本当に沢山の方にご参加頂きました。1年間ありがとうございました。

タド・ジュンコ先生・澤田美奈先生・杉なまこ先生には4月27日から3日間開催されるホビークッキングフェアにご登壇頂きます!!詳しい日程などは追ってご連絡致します。ご期待ください!



【今月も、参加者の皆さんからレッスンの感想を頂きました♪】
●楽しくてカンタンで健康に良さそう!家で是非やってみたいです♪試食させて頂き、大変おいしくて感動でした♡少量でも満足感がありました。(R・Kさま)
●先生のお人柄の出た楽しいレッスンでした。家庭で作れるというのが非常に良かったので是非つくらせて頂きます。(きの様)
●自然食品を今日はおいしく頂きました。作り方も簡単で家でも作れそうでした。
●IHで火加減が目で確認できないのが残念でした。先生の感性、センス、食材との対話には火加減からの要素もあるのかなあと。しかしさすが、独創的で楽しいクラスでした。いい機会をありがとうございました。

続きを読む »
2017年2月16日 (木)

Photo


ホビークッキング倶楽部とandpartyのコラボレーション料理教室『HOBBYCOOKING×andparty』の2月レッスンは、澤田 美奈先生の「バレンタインの胸キュン♡時短メニュー♪」でした。



Photo_2


まずは美奈先生恒例の調味料の食べ比べからスタートしました。

先生お手製の、塩麹、しょうゆ麹、レモンオリーブオイル、ベルガモットオイルやリーペリンソースなどあらゆる調味料の味を確認したり香を嗅いだりして違いを愉しみました。



Photo_4

今回の先生のおすすめは松田のマヨネーズです。


〜・〜・〜・〜・〜
美奈先生をはじめandparty登録マイスターの方々は、日本の発酵文化を未来に継承したいと考える千葉県のこだわり商品専門問屋、、五味商店が厳選した全国各地の商品の中から、ご自身が本当に気に入ったものだけをセレクトして広くご案内する「ごちそうの達人」という活動のアンバサダーです。
▽「ごちそうの達人web shop」はこちらから
http://andparty.jp/shop/
〜・〜・〜・〜・〜



Photo_24


洋食屋さんのビーフストロガノフ、ほとんど煮込み時間がないのに、しっかりと煮込まれたように仕上がっていますこれぞ時短テクニック♪上に乗せたサワークリームも手作りです。バターライスにはパセリとミントが混ぜてあるのでスッキリとした味わいに。




Photo_25


サラダは、手作り温泉卵の乗った豪華な自家製スモークサーモンとルッコラのサラダです。パルメザンチーズ、そしてドレッシングはホワイトアスパラとマヨネーズをフードプロセッサーにかけた簡単なのにとっても美味しい!!隠し味のホースラディッシュがポイントです。


Photo_20


バレンタインということで、大人向けオレンジ香るムース・オ・ショコラです。オレンジリキュールとチョコがよく合います。デコレーションでかわいらしく♡


Photo_14



最後は先生を囲んで楽しい試食タイムです。作ったレシピの質問や、塩麹、しょうゆ麹の作り方などなごやかにおしゃべりをしながらの時間となりました。






3月15日(水)の次回コラボ教室講師は、たっぷりお野菜と雑穀やスーパーフード等を美味しくアレンジしたお料理で人気のタド・ジュンコ先生です。
3月は出会いと別れの季節です。そんな時期にピッタリの「春爛漫♪ハレの日のビーガン料理」おしゃれでヘルシーなビーガン料理6品をご紹介します。

3月レッスンの詳細はコチラから

【今月も、参加者の皆さんからレッスンの感想を頂きました♪】
●いろいろあ調味料を教えてもらえるので参考になります。今度こそ家で塩こうじ、しょうゆこうじを作ろうと思います。(えつさま)
●美奈先生のだったので参加しました。ビーフストロガノフを家で作ったことがないので挑戦してみようと思いました。ムースがとっても好みの味でした。
●くんせいキットを用いた他のメニューも知りたい


2017年1月30日 (月)

ホビークッキング倶楽部とandpartyのコラボレーション料理教室『HOBBYCOOKING×andparty』の1月レッスンは、主婦目線とはひと味違うお料理センスと、抜群のトーク術で人気の杉なまこ先生から教えて頂く「手軽に美味しく冬のおもてなしメニュー♪」でした。

Cimg4830_3


本日使用する食材と先生おすすめの食材たちがテーブルに並べられています。


Photo_4





Photo_3


まずはお茶を飲みながら本日のお料理の内容についてレクチャーを受けます。 「ヤンソンさんの誘惑」と言う名前に興味を持って受講された方も多かったようです。 菜食主義のヤンソンさんが誘惑に負けてつい食べてしまったくらい美味しい料理だったことからこの名前がついたという話があります。




Photo_8


キッチンへ移って実際のデモの開始です。まずはローストポークのお肉の仕込みからスタートです。”塊のお肉を調理する時の失敗として中が生焼けになってしまうことってあるじゃない??”っと先生。”それって常温に出しておく時間が短すぎて中の温度がとても低いからなの~”と説明が。


1_4


2㎏のお肉をまずはフライパンに入りやすい大きさに切って、はちみつ、と塩、こしょうとガーリックパウダーを塗ってしばらく寝かせます。はちみつを塗ることで塩の浸透が早くなるとこのこと。


Photo_9


お肉を休ませている間にヤンソンさんの準備です。よ~く見て下さい!!

先生手元をまったくみずにじゃがいもの薄切りをしているんです。こちらがドキドキしました。


1_6


ヤンソンさんのポイント、缶の油も一緒にかけているところです!!美味しい旨味が出ている油を加えることでさらに美味しくなるとのこと!!ここポイントです♪


Photo_10


ヤンソンさんはこの状態でオーブンで40分程度焼くと出来上がります。


Photo_11


素早く野菜を切り、柑橘類もカルチェにして行きます。”カルチェって難しそうに見えるけどコツさえつかめば簡単よ!!”と先生。皮に残った果汁も絞って無駄なく調理に使います。味つけには日向夏のマーマ-レードを使っているのがこのサラダのポイントです。


Photo_13


お肉の全面にしっかりと焼き色をつけるため、15分ずつ程度時間をかけ蓋をして転がしながら焼いているところです。はちみつを使っているので何とも言えない綺麗で美味しそうな焼き色がつきます。


Photo_14


完璧な火通しです。芯温計で中心温度をしっかりと確認し75℃へ。

この写真がハイライトと言っても過言ではありません(笑)




Photo_15


ヤンソンさんの誘惑はチーズにしっかりと焼き色がつき、じゃがいもに竹串がスッと通れば出来上がりです。


Photo_12


春を先取りしたような鮮やかなサラダです。柑橘の酸味とマーマ-レードの甘さとほろ苦さが良くマッチしています。


Photo_16


本日は大皿に盛ったものを席で取り分けて食べて頂きました。


Photo_17


アロス・コン・アルメロスはスペイン風炊き込みごはんであさりを炊き込んであります。ちょっと底にお焦げができ、心配しましたが噛み応えのある炊きあがりで美味しくできました。


本当はここにもう1品デザートがあったのですが写真を撮り忘れるという初歩的なミスをしてしまい写真をお見せできないことがとても悔やまれます。

バナナを半分に切ってバターで焼いて、砂糖とオレンジ果汁を搾ってブランデーをかけてキャラメリゼしたものにバニラアイスクリームを添えたとてもシンプルなものなのですが、お店で出てきてもおかしくないような本格的なお味!!


Photo_19


最後は少し時間がおしてしまいましたが、楽しくご試食頂きました。

ボリューム満点のメニューで作りやすくご家庭でもすぐ実践頂ける内容だったのではないかと思います。先生の楽しいトークに時間を忘れてしまいました。




201703151


3月15日(水)の次回のコラボ教室「春爛漫♪ハレの日のビーガン料理」です。たっぷりお野菜と雑穀やスーパーフード等を美味しくアレンジしたお料理で人気のタド・ジュンコ先生です。今年度再度のコラボ教室となりますので是非ふるってご参加ください!

詳細については近日UPさせて頂きます!!




【今月も、参加者の皆さんからレッスンの感想を頂きました♪】

●杉先生のレッスンは初めてでしたが、楽しく手際よし。そして何よりもおいしかったです。

●途中で試食ができたのが良かった。メニューのバランスが良かった。とても参考になりました。(awawaさま)

●よかったレシピは全てです、その中で一番気に入ったのだ、グラタンです。すぐにでも作りたいと思います。とても楽しいお料理教室でした。(ふじっこ様)

●先生にお会いしたかったので嬉しかったです。トークだけでなく、お料理も美味しかったです。 家でも再現したいです。

続きを読む »
2016年12月16日 (金)

01

今年最後のホビークッキング俱楽部レッスンは、和菓子家の金塚晴子先生をお迎えし、家庭でも作りやすく、初心者でも失敗の少ない基本の和菓子3品を教えて頂きました。


02
昨年12月の「花びら餅」レッスンに続き、2回目のご登場となる金塚先生です。
なかなか入会できないことで有名な先生の和菓子教室。
今回も、募集開始早々に沢山の方からお申込を頂きました。


03_2
今年のテーマは「お茶」。

国内だけでなく、海外でも人気の高い抹茶を使った「練切」と「浮島(蒸しカステラ)」、さらに、話題の“Apple”“とPineapple”が隠れた遊び心たっぷりの「ほうじ茶の浮島」も教えて頂きます。
試食タイムには、築地で創業85年の日本茶専門店「うおがし銘茶」による、3種のお菓子に合わせてセレクトした3種のお茶の「飲み比べサービス」もお楽しみ頂きました。


Demo
今でこそ珍しくなくなった、フードプロセッサーや電子レンジを活用するホームメイド和菓子の先駆けでもある金塚先生。
出来るだけ家庭の調理器具や、スーパーなどでも揃う材料を使うことを心がける先生のレシピは、より美味しく、より作りやすくをモットーに、新しいものもとり入れつつ日々進化しているそうです。


Fotorcreated
2時間半のレッスンで最もご好評頂いたのは、先生による練切の成形デモンストレーション。
レシピブックではつかみにくい包餡の手つきや、微妙な布巾の搾り加減、繊細な仕上げを皆さま真剣なまなざしで見入っていらっしゃいました。


Workshop

続く実習は、ご自身で手を動かしつつ、憧れの先生に直接ご指導頂ける贅沢な時間。
今回はほんの“さわり”のみを体験頂く実習でしたが、ぜひご自宅で、一から復習してみてくださいね。


Sisyoku
ご自身で丹誠込めて作った出来立ての練切と2種の浮島を盛りつけ、いよいよお楽しみの試食タイムです。
まずは、日本茶らしいすっきりとした香りを楽しむ煎茶を。続いて、中国茶にも通じる華やかなフレーバーの釜炒り茶や優しい和紅茶とお菓子の相性をたっぷりご堪能頂き…


Teatime
後半は、16人分×3種のお茶を 驚く程の手際の良さと絶妙のタイミングでご用意くださった「うおがし銘茶」の土屋さまにも加わって頂き、美味しいお菓子とお茶にまつわるお話を時間の許す限りお楽しみ頂きました。


20
最後は先生を囲んで記念撮影をパチリ。


21
皆さま、来年4月に開催のホビークッキングフェアにも、ぜひご来場くださいね。


Seito7
金塚先生、充実の和菓子レッスンをご指導頂き、ありがとうございました。



【ご参加の皆さまから感想をお寄せいただきました♪】
●先生を始め、参加者の皆様とも和気あいあいの雰囲気で、とても楽しい時間でした。先生の包餡を間近で見ることが出来て感激でした。
●レシピがとても丁寧に記載されている上、応用がきき、初心者には大変わかりやすかったです。うおがし銘茶のお茶も、とてもおいしかったです。
●DVDで見るよりも、やはり実際の先生のお手元から沢山のことを学ぶことが出来ました。先生のお人柄、お優しい心が指先から出ているのを感じました。和菓子は真心ですね。(カオリさま)
●和菓子は「見るだけ」「食べるだけ」の専門でしたが、今回をきっかけに作ろうと思っています。 「まず最初は一流の先生から」という希望に適ったレッスンでした。(貴世さま)