カテゴリ「4ゆるゆる献活部」の40件の記事 Feed

2015年2月28日 (土)

先日とてもきれいな舞茸に遭遇しました。

P2280023_2「白舞茸」です。

象牙のような柔らかい乳白色に一目惚れし、つかうあてもないまま衝動買い…。

「せっかくなので、何か白っぽいお料理に」と考えて作ったのは、休日の手軽なランチにおすすめな具沢山のリゾットです。

今回は「白舞茸・百合根・桜海老・グリンピース」を使いましたが、具材はありあわせのものでも大丈夫(たとえばマッシュルーム・カブ・ちりめんじゃこ・菜の花など)。リゾットは洗米や浸水が不要で思い立ったらすぐに作れる上、失敗もしにくいので、普段作り慣れていない方もぜひ挑戦してみてくださいね。

P2280042_2『白舞茸と百合根のリゾット』

【材料】(2人分)

・白舞茸   100g(1パック)    

・百合根  1/2個 

・桜海老(半生)  大さじ2強

・グリンピース(むき身)  片手1杯分くらい(さやつきで約100g)

・タマネギ  60g(約1/3個)

・バター   12g(6gずつ使う)

・白ワイン  大さじ2

・カリフォルニア米  100g  ※イタリア米や日本米でもOK

・チキンブイヨン  650cc(熱湯650cc+固形スープ1個)

・パルメザンチーズ 大さじ2

・塩  適宜

・お好みのオイルと胡椒(仕上げ用) 適宜

【作り方】

1.舞茸は小房に裂いてアルミ箔にのせ、塩ひとつまみ(分量外)をふってトースターで5分程軽めに焼いておく。百合根は1枚ずつバラし、きれいに洗う。

2.タマネギをみじん切りにする。フライパンにバター6gを熱してタマネギがしんなりするまで中火でソテーし、白ワインを加えてアルコールをとばす。

3.2)に洗っていない米を加えて1〜2分炒め、ブイヨンをひたひたになるくらい注ぎ、中弱火で5分程煮込む(フタはしなくてよい)。

4)3)にグリンピースと百合根を加え、ブイヨンを数回に分けて注ぎながら、更に10分程煮る。

5)水分がほぼなくなる頃に焼いた白舞茸と桜海老、パルメザンチーズ、バター6gを加えて軽く火を通し、仕上げに塩で味を調えて器に盛る。好みでオイルと胡椒をかける。

舞茸は、タマネギと一緒に初めから炒めてしまうと手軽なのですが、今回は歯ごたえを残したかったのであえて最後に加えています。

きのこの“シャキッ”、百合根とグリンピースの“ほくっ”、アルデンテに煮えたお米の“プリッ”という、食感3拍子のそろい踏み。お米もオイルも控えめなのに、クリーミーで満足感のある一皿です。

20分で本格ランチ、ぜひお試しくださいね。

2015年2月20日 (金)

Vcm_s_kf_repr_640x480

バタバタと慌ただしく過ごした金曜日の午後、終業間際にふと窓の外を見ると17時過ぎなのに外が明るいことに気がつきました。

「陽が長くなっている!!」

折しも、暦は旧正月。春は着実にすぐそこまで近づいているんですね。

と、いうことで、今日は春らしい小鍋のご紹介です。

『マグロつみれとウドの小鍋仕立て』

【材料】(2人分)

マグロのたたき(ネギトロ用)100g

・みそ  小さじ1

・おろし生姜 小さじ1/2

・片栗粉 大さじ1

新わかめ  40g〜

うど  中1本

豆腐  1/2丁

[A]

出汁  2カップ

酒   大さじ1

醤油  大さじ1

塩   小さじ1/2

あれば木の芽か白髪ネギ  適宜

【作り方】

1.マグロのたたきに、みそ、生姜、片栗粉を加えてよく混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。

2.わかめは食べやすい長さに切る。ウドは長さ5㎝に切って皮を厚めにむき、縦に薄切りにしてさっと酢水にさらし、ざるにあげる。

3.小鍋に食べやすい大きさに切った豆腐とAを入れて火にかける。出汁が沸いたら1のつみれをスプーンですくって落とし、4〜5分煮る(途中、アクや油が浮くようなら取る)。

4.つみれに火が通ったら2のわかめとウドを加え、一煮立ちすれば完成。あれば木の芽か白髪ネギをあしらう。

今回は、つみれの材料にネギトロ用として売られているマグロのたたきを使いました。

イワシよりもクセがなく、ふんわりと柔らかなつみれなので、お魚嫌いのお子さまやお年寄りにも召し上がって頂きやすいかと思います。

合わせる具材は白菜や水菜など何でも良いのですが、春の小鍋ということで旬の新わかめとウドを使いました。

新わかめ、目にも色鮮やかでシャキシャキとしていて、本当に美味しいですね。ぜひしゃぶしゃぶのようにしてたっぷり召し上がってください。

酢みそ和えで頂くことの多いウドも、さっと火を通すと優しい香りと食感になり、取り合いになること間違いなしです。

お鍋の〆には、細めのうどんやそうめん(にゅうめん)を。

美味しい新酒をお供に、春の息吹を感じてくださいね。

2015年2月10日 (火)

Img_9681

立春をむかえて1週間、暦とは裏腹に「今日は今シーズン一番の寒さです」というニュースを度々耳にしました。

まだまだ寒さの底、とはいってもやはり2月。青果売り場には徐々に春の気配が感じられるようになりましたね。

菜の花、ウド、新玉ねぎ、ふきのとう、グリンピース、そら豆などなど、気持ちがほころぶ優しい色味や味わいの食材が多く、お買い物やお料理がいつもより楽しくなる季節です。

今日は、そんな春野菜の中でも手頃な“新じゃがいも”のお料理、「新じゃがののり塩きんぴら」をご紹介します。

瑞々しい新じゃがいもならではのシャキシャキ食感を生かした塩きんぴら。香ばしい干し海老と青海苔の磯の香りがふわっと香ります。ぜひ、お試しくださいね。

【新じゃがののり塩きんぴら】

<材料(作りやすい分量)>

・新じゃがいも  中2個

・干し桜えび  大さじ1

・ごま油    大さじ1

・酒      大さじ1

・塩    小さじ1/2〜1弱(※じゃがいもの大きさにより、調整する)

・青のり    大さじ1/2

1.新じゃがいもはよく洗い、皮付きのまま割りばしくらいの太さの千切りにする。水に5分程さらし、ざるに上げてしっかりと水気をきる。
2.フライパンにごま油を入れて熱し、1を強火で1~2分手早く炒める。
3.2が透き通ってきたら干し桜えびと酒を加えてさらに2~3分炒め、塩で味を整えて仕上げに青のり粉を振りかける。

2015年2月 4日 (水)

P2040046_2

ココナッツオイル、アマニオイル、アボカドオイル・・・などなど、昨年あたりから高機能性オイルに注目が集まっていますね。

そんな数あるプレミアムオイルの中でも、ホビークッキング俱楽部の皆さまにぜひオススメしたいは、米糠から作ったこめ油「こめしぼり」です♪

毎年のフェアでもおなじみの木徳神糧株式会社様から発売されている「こめしぼり」は、美味しいお米の流通に関わって130年の老舗メーカーが作る、安心の高品質植物油。

抗コレステロール作用などのカラダに嬉しい機能性はもちろん、

①調理中の油くささが他の油に比べてぐっと控えめ

②酸化に強いので品質長持ち

③香りにクセがないので幅広いお料理に使い易い

などなど、主婦の皆さまにとって嬉しい特性を沢山持っています。

今日はこの「こめしぼり」をつかった、ほっこり懐かしい味わいの黒糖むしぱんを作りました。ふわっふわでほんのりあまじょっぱくて、お子さまからお年寄りまで誰もが好きな素朴なおやつ。しかもワンボウルで完結します。ぜひお試しくださいね。

【こめしぼりで作る、みんなの黒糖蒸しぱん】

材料(φ18㎝ケーキ型1台分 ※型はお持ちのものでOK)

卵(Lサイズ)  2個

黒砂糖(粉末)100g ※なければ砂糖90g

水       30g

醤油    小さじ1/2(〜小さじ1)

こめしぼり   30g

重曹     小さじ1(直前に同量の水で溶く)

酢      小さじ1

薄力粉    100g

黒ごま      少々

準備

・砂糖、薄力粉をふるっておく

・蒸し器に湯を沸かし、フタに露とり布巾をかぶせておく

・型にオーブンペーパーなどを敷いておく(マフィンカップの場合は不要)

作り方

1.大きめのボウルに卵を割り入れて軽くほぐし、黒砂糖を入れてホイッパーでよく混ぜる。

2.砂糖が溶けたら水、こめしぼり、醤油をいれて更によく混ぜ、油分が全体になじんだら水溶きの重曹と酢を入れて手早く混ぜる。

3.ふるった薄力粉を入れて粉気がなくなるまで混ぜ、用意の型に流す。

4.蒸気が上がった蒸し器に入れ、フタをして中強火で40分蒸す。蒸し上がったらすぐにごまを散らし、型から外す。あら熱がとれたら、お好みの大きさに切り分けてお召し上がりください。


ホビークッキング俱楽部webサイトでは、現在「こめしぼり」があたるモニターキャンペーンを実施中です。応募は2015年2月8日24:00まで。詳細はこちらでご確認くださいね。http://www.hobbycook.jp/club/kodawari/13-02

2015年1月30日 (金)

真冬が旬の野菜といえば、大根、白菜、ブロッコリー。最近よく目にするちぢみほうれん草も甘みがあっておいしいですね。

あまりに身近すぎて意外に見落とされがちですが、実はこちらのお野菜も冬が旬なんです。

Img_0092夕食のお買い物をしようとスーパーに立ち寄ったところ、入り口に規格外の紅人参が山積みされていました。しかもかなりのプチプライスshine無類の人参好きの血が騒ぎ、なんと4袋(約4キロ!!)も大人買いしてしまいました。

真冬の人参は「お砂糖をふったのかな」と思うほど甘みが濃くて、βカロテンも夏の2割増。ぜひたっぷりと食べたいですね。

人参は比較的日持ちする野菜ではあるものの、油断するとしっぽや軸の部分がヌルっとしてしまう事も・・・。

そこで、今更ではありますが、人生初の「冷凍人参」に挑戦してみました!

まずは人参をひたすら、トントントントントーンと千切りします。

Img_0090

ふぅ、つかれました。これで太め2本分です。千切りが苦手な方は、千切りスライサーをお使いください。

次にフリージング袋に入れ、空気を抜きます。

Img_0095ステンレスバットなどに平らに並べ、そのまま冷凍庫に入れます。

Img_0099しっかり凍った後、使い易いように手早くぱらぱらにほぐせば完成です。

Img_0102

では、早速「調理実習」です。

人参は出番が多い野菜の代表格ですが、我が家で最も頻出の人参料理といえば、朝食の定番「人参の巣ごもり卵」です。

Img_0019_2【人参の巣ごもり卵】

1.フライパンを中火で温め、オイル少々で冷凍人参をしんなりするまで炒めます(1人につき1/2本程度。面倒な方はレンジ加熱でもOKです)。

2.人参を鳥の巣状(ドーナツ状)に寄せ、くぼみに卵を割り入れて、お好みの焼加減になるまでふたをして焼きます。

個人的には、とろーり半熟ぎみに焼いて、黄身を人参に絡めながら食べるのが好きです。ちなみに、この写真の日は人参の下にハムを敷いた「人参の巣ごもり風ハムエッグ」ですが、他にもほうれん草やコーン、モヤシを足してもおいしいです。

肝心の冷凍人参の食感は、生から調理した物とほぼ遜色なし。言われなくては分からないくらいでした。

後日、お味噌汁やスープに入れたり、きんぴらや焼きそば、炊き込み御飯、かき揚げ、ひじきの煮物などにも使いましたが、すべて問題なしどころか、とにかく便利。彩りもよく、使いたい量だけ手軽にパラパラっと使えるので、少人数のご家庭にはぴったりかと思います。

ホームフリージングの冷凍野菜、他にも色々試してみたくなりました。次は何にしようかな?

2015年1月19日 (月)

Img_0049_2

明日、1月20日は「大寒」です。
暦にふさわしく、連日厳しい冷え込みが続いていますね。

「寒いからお買い物には行きたくないけれど、
冷蔵庫にあるのはお豆腐くらい・・・」という日におすすめなのが、
アツアツで消化によくて家計にも優しい
とろっとろの湯豆腐です。

一時期、“家庭でつくる温泉湯豆腐”として、
テレビや雑誌でも話題になったので、ご存じの方も多いかと思いますが、
まだ試したことがないという方がいらっしゃいましたら、
今晩にでも、ぜひ作ってみてくださいね。
〆の雑炊、最高です・・・

『新食感!とろとろ湯豆腐』

【材料】

・水  適宜
・重曹  水500mlにつき、小さじ1
※どうしても重曹が手に入らない場合はベーキングパウダーでも代用できますが、
できれば重曹をご用意ください

・昆布  5㎝角のもの1~2枚
・お豆腐  適宜(美味しいので、ぜひ多めに!)
 →絹豆腐ならとろとろプルプル食感に、
     木綿なら表面がとろっとしつつも存在感ある食感になります。
・・・ちなみに、欲張りな私はいつも両方ミックスしています

・お好みで、水菜、長ネギ、きのこ、人参、油揚げ、豚肉、お餅など

【作り方】

1.土鍋に水、重曹、昆布、お豆腐(と、お好みの野菜)を入れ、
沸くまでは中火、沸騰したら弱火に落として、10~15分コトコト煮ます。
※非常に吹きこぼれやすいので、沸いてからは火加減に注意してください!

Img_0038

Img_0042

15分もすると、お鍋の中が真っ白に!

Img_0052さっきまでエッジが立っていたお豆腐が、
ふわとろのおぼろ豆腐状に溶解しています・・・

Img_0051_2

2.上の写真のように、スープが白濁してお豆腐がとろけたら器にとり、
お醤油やポン酢、ゆず胡椒、お好みのタレなどをかけてお召し上がりください。
ボリュームが欲しい方は、引き続き豚しゃぶがおすすめです。

3.〆にはぜひ雑炊を♪
残ったスープにご飯を追加してクツクツと煮込み、
さっと卵でとじたおじやは絶品です。
最後の最後にお鍋の底に残る、
とろけるほど軟らかく煮えた昆布も、お忘れなく・・・。

「また湯豆腐?手抜き〜!マンネリ〜!」という正直すぎるご家族を
“魔法の白い粉”であっと驚かせてみませんか?

2015年1月 8日 (木)

そろそろ年末年始の慌ただしさも一段落。

おせちも食べきり、ごちそうで疲れた胃も七草がゆで落ち着いた頃ですが、お正月に買ったお餅がまだ食べ切れていない方はいませんか。

シンプルな磯辺餅やきな粉餅、お雑煮などは手軽なランチやおやつに美味しいものですが、ややワンパターン・・・。

今日ご紹介するのは、夕食のおかずやおつまみにもなる「油揚げのもち明太ホットサンド」です。

Img_1167

『油揚げのもち明太ホットサンド』

【材料(2~3人分)】

 油揚げ(できれば、少ししっとりして厚みのあるタイプのもの) 1枚

 玉ねぎ(薄切り) 1/2個分

 角餅 1個(2~3㎜程度の厚さにスライスする。しゃぶしゃぶ用餅40gでも可)

 明太子 小1/2腹(約30g)

 マヨネーズ 大さじ1

 大葉(細切り) 4枚分

 小ネギかカイワレ(あれば) 少々

 七味唐辛子  適宜

【作り方】

 1.油揚げをキッチンペーパーに挟んで余分な油をとり、厚みを半分に切る。
明太子は薄皮を除いてマヨネーズと混ぜる。
 2.油揚げの内側(白い方)に明太子マヨネーズを各々塗り、
サンドイッチを作る要領で玉ねぎと餅、大葉の細切りを挟む。
 3.フライパンを熱し、2を載せて蓋をする。
途中、フライ返しや鍋蓋などでぎゅっと押しつけながら、弱めの中火で両面をこんがり焼く
(目安は5分程度。途中、火が強いと焦げやすいので注意する)。
 4.焼きあがったら一口大に切り分け、万能ねぎや七味唐辛子を好みで振る。

試してはいませんが、明太子の代わりに納豆やチーズなども美味しいかもしれません。

余り物食材は創意工夫の原点♪

皆さんもぜひオリジナルのアレンジレシピに挑戦してみてくださいね。

2015年1月 6日 (火)

P1060116

新年あけましておめでとうございます。

本年もブログを通じて
皆さまに身近なホビークッキング情報をお届けできますよう、
日々アンテナの感度を磨いてまいります!
どうぞよろしくお願いします♪

さて、明日1月7日は「人日の節句」。
一般には、七草がゆを食べる日として、広く知られていますね。

先日の初詣の際、参道沿いのお宅の玄関先には
こんなかわいらしい鉢植えが置かれていました。

Photo最近はスーパーで手軽に七草セットが購入できるため、
七草がゆを召し上がるご家庭も多いかと思いますが、
あらためて「ゴギョウってどんな植物?」と聞かれても答えに詰まってしまいませんか。
来年はこのような鉢植えを少し早めに用意して、
七草の名前や姿、効用などを身近に感じながら、
お節句当日を迎えたいなと思いました。
(冒頭の写真は自宅のプランターで七草用に育てた若菜です。
  今年は大根、赤カブ、白カブ、水菜、小松菜、菜花、セリが揃いました)

七草がゆは若菜の生命力を頂き、一年の無病息災を祈願するもの。
明朝はいつもより少し早起きして、
ほわりと湯気のたつ熱々のおかゆを
ご家族皆さんで召し上がってくださいね。

ご参考までに…

【ビタミンたっぷり七草がゆ】(お茶碗4〜5杯分)

お米 1合

水  1リットル

七草 適宜(手に入る青菜や大根、カブ等で可)

ごま油 少々

塩  少々

【作り方】

1.お米を研ぎ、分量の水とともに厚手の鍋か深めの土鍋にいれ、ふたをする。

2.鍋を火にかけて沸いたら弱火にし、
  吹きこぼれないように注意しながら30〜40分ことことと炊く。
  この間、あまり鍋の中をかき混ぜないようにする
  (混ぜすぎると粘りが出てしまうため)。

3.七草は粗く刻み、ごく少量のごま油でさっと炒めておく。

  ※青菜には、体内でビタミンAにかわるβカロテンがたっぷり含まれます。
   ビタミンAは油に溶け出る性質があるので、
   ともに調理する事でビタミンAを効率的に吸収する事ができます♪

4.おかゆが仕上がる直前に3の七草を加え、さっと一混ぜすれば完成。

5.器によそい、各自お好みで塩をふって頂く。

  ※あれば銀杏や人参、焼き餅等を加えても美味しいです

2014年12月28日 (日)

いよいよ今年も残りわずか。
すでにおせち料理の準備に取りかかられている方も多いかと思います。

ところで、皆さんは鏡もちを作る派ですか?買う派ですか?

我が家は4升分のお餅を用意するので餅つき機を利用しますが、
玄関やリビングに飾る1組だけ欲しいという方には、
ミキサーと電子レンジで作るお手軽鏡もちがおすすめです。
もち米2合で丁度手のひらサイズの鏡もちが一つできますので、
冬休み中のお子さまと一緒にお試しくださいね。

材料(手のひらサイズの鏡もち一組分)

もち米  2合(300g)
水  280g
片栗粉  打ち粉用(300g程度用意)

作り方

1.もち米をさっととぐ。
ざるに上げてよく水を切り、ボウルに入れて分量の水に
3時間〜1晩浸ける(この時、表面に落としラップをする)。

Pc270753

2.ミキサーに漬け水ごともち米を入れ、ふたをして約3分撹拌する。

Pc270754

この間に打ち粉の片栗粉をバットやお盆などに敷いておく。

Pc270762

3.大きめの耐熱ボウルに2を移し、
ふんわりラップをして600Wで2分加熱する。

Pc270757

4.レンジから取り出して木べらで2〜3回軽くまぜ、

Pc270758ラップをしてさらに3分レンジで加熱する。

5.全体を大きく切るように混ぜ、

Pc270760ラップをせずにさらに2分×3回レンジにかける
(この間、とり出すごとにもち状に変化する。
最終的にしっかりとコシのある、
おいしそうなもち状になった時が仕上がりの目安。
柔らかいようなら、様子を見ながら
1分半ずつ追加で加熱する)。

6.ボウルの中で全体をよくこね混ぜながらひとまとまりに寄せ、

Pc270765用意の粉バットの上に丸く落とし、

Pc270771すぐに上からも片栗粉をふるう。

Pc270775

7.あら熱がとれたら4:6くらいのところに目印をつけ、

Pc270002指先でぷつっとちぎる。

Pc270006

Pc270007それぞれを表面が滑らかになるように丸め直しつつ、

Pc270009裏のとじ口に“でべそ”をつくり、

Pc270013くるっとひっくり返して立体的な丸もちをつくる。

Pc270014

8.しっかりと固まるまで一晩涼しいところに置けば…

Pc270015完成です!

Pc280079飾るときには、間にワサビを塗ると
カビが生えにくくなります。

お持ちの方は三方(さんぽう)、半紙、裏白(うらじろ)、
昆布、橙(だいだい)などを一緒に飾ってくださいね。

2014年12月24日 (水)

2014年のクリスマス、みなさんはどのように過ごされましたか?
今年は祝日の23日に、
少しフライングでパーティーをされた方も多かったようですね。

我が家は24日の帰宅後、
18時過ぎから“クリスマス風”のメニューを慌ただしく調えたものの、
なんとシャンパンとスパークリングアップルジュースが
間違えて冷却&開栓されるというアクシデントが発生しました…

Pc240736_2

左:ぬるいまま、出番のなかったシャンパン
右:ニセモノ扱いされた、かわいそうな高級アップルジュース

「いまどき、幼稚園生でも“apple”は読めるでしょ!」
「こんな甘いジュースと一緒じゃ、せっかくのお料理が大なしだ!」
「そもそもあり得ない!なんで両方冷やしておかないの!」

と怒号が飛び交う中、
缶ビールで乾杯し直すという不穏な聖夜の晩餐となりました。

が、そんな落ち込んだ気分を払拭してくれたのはこれ!

Img_0032_3

クリスマスの定番、シュトレンです!

14世紀頃のドイツが発祥とされる
フルーツやスパイス、ナッツがパン菓子で、
ドイツではどの家庭でも12月はじめからクリスマス当日まで、
徐々に変化する味わいを楽しみつつクリスマスを待つそうです。
日本でも、ここ数年で随分と知名度が上がり、
今年はコンビニやスーパーでもこぶりなサイズで販売されているものを見かけました。
熱心なシュトレンファンの方による
Stollen Nightという食べ比べイベントも開催されたようです。

上記の写真は、親族がドイツ仕込みのレシピで焼いて
プレゼントしてくれたもの。
皆で食後に頂き、なんとか和やかにイブを締めくくる事ができました。

明朝、皆さまの枕元にも素敵なプレゼントが届きますように♪