2014年10月

2014年10月15日 (水)

何かが苦手になるのには、きっかけがあるのではないでしょうか。

私の場合のみょうがは、小さいときの体験ですsad

父が大好きだったため、朝食には、みょうが入りの味噌汁がしばしば登場しました。縦に四等分した程度の大きめの物体が浮かんでいて、具はそれだけでした。お椀を口に近づけると漂ってくるあの独特のにおいが、小さいころの私はどうしても受け付けることができず、いつも残していました。苦手意識はおとなになっても残っていて、ずっと避けてきました。

けれども、私の舌も五十年生きる間にいろいろな味を経験し、香味野菜のおいしさもわかってきました。今や、大葉を何にでも乗せるし、若い頃苦手だったセロリも料理に欠かせません。みょうがを食べないのは、何かもったいないことではないでしょうか。

よし、一度トライしてみようと思い立ったのは、野菜売り場にみょうが多く登場する夏のこと。ここで更なる失敗は避けたいので、友人からこれなら絶対おいしいという(かつ簡単な!)レシピを教わりました。輪切りにしたきゅうりの塩もみ、小口切りのオクラ、刻んだみょうが、かつぶしをまぜ、しょうゆを少しかける。冷やしておくとなおいいそうです。

M003_5

ある暑い日、遅まきながら、みょうがデビューしました。おそれることはありませんでした。いえ、おいしい。ちょっとクセのあるこの香りが病み付きになりそうですnote

味噌汁の具になるまでには、もう少し時間がかかるかもしれませんが。ごちそうさまでした。

2014年10月 1日 (水)

独り立ちした息子が、夕飯を食べに家に来ることになりました。献立は何にしようか。久しぶりのわが家での夕食、喜ぶものを食べさせてやりたいと考えていて、はたと行き詰りました。うちの「わが家の味」は何だろうかと。

 忙しいときは惣菜を買ってくることもあったけれど、子どもが小さいうちは、なるべく手作りを心がけていました。野菜を食べさせなくてはという思いが強く、野菜たっぷりの豚汁(ときに豚肉抜きでも)や、煮物や葉物のお浸しなどの副菜は常に添えるようにしていました。子どもが好きなのは、もちろん鶏の唐揚げやハンバーグでしたがcoldsweats01

しかし、久しぶりに食べて喜ぶものとなると、悩んでしまいます。

2_3

考えに考えて作ったのは、コロッケでした。ひき肉と玉ねぎ、にんじん(子どもが小さかったときの名残)も刻んで炒め、つぶしたジャガイモに合わせて、衣をつけて揚げる。何の変哲もない、普通のコロッケ。おいしくできました。

息子にあとでメールして、聞いてみました。君にとって「わが家の味」は何ですか?mailto

コレと料理名を挙げるのはむずかしいけど……。同じ料理でも、外で食べるのと、うちの味付けとはやっぱり違う。食べてみて「ああ、懐かしい」と思う味が、僕にとっての「わが家の味」だと思う。今回作ってくれたコロッケもそうだった。ごちそうさまでした。

という返信がきました。うちでは、「わが家の味」とは、ある料理ではなく、舌に慣れ親しんだ味付け、ということだったようです。となると、毎日料理を作っていた母親の責任は、けっこう重大だったわけですねflair   今さら気づいても遅いのですが。