2015年3月27日 (金)

無芸大食の男

 わが夫を四字熟語で表すと、間違いなく「無芸大食」である。とにかくよく食べる。そして、食べていないときはテレビを見るか、居眠りしているかのどちらかだ。

 だから、3月2日に「明日はちらし寿司でも作ろうか」と言い出したときには、ついにボケてきたのだと覚悟した。夫は定年退職後、専業主夫となったが、焼き魚と煮物の食事くらいしか作れない。大好きなテレビで料理番組を見ているうちに、自分にもできると錯覚しているのかもしれない。介護生活が始まったら、お先真っ暗である。

「ただいまぁ」

 翌日、米粒ほどの期待もせずに帰宅した。だが、専業主夫の声は明るく弾んでいる。

「おかえりぃ~」

 まさかと思ってキッチンをのぞくと、テーブルの上には料理番組で見たようなちらし寿司が載っていた。 

 おりょりょ。

 いただきものの大皿には、きざみ海苔と胡麻をちらした寿司飯が、こんもりと盛り付けられている。上には、柔らかな黄色の錦糸卵、濃いめの赤のマグロ、白地にオレンジが映えるエビが放射状に並んでおり、視覚に訴える美しさだ。鮮やかな緑で場を引き締めているのは、菜の花だろうか。

Photo_10

「へー、すごいじゃない! よくできてる」

 夫からの返事はなかったが、口元がキュッと上がっている。心からの褒め言葉は、ちゃんと相手に届くものなのだ。

「いただきまーす」

 マグロとエビの影から、とびっこにイクラ、ウニが転がり出してきた。ここに、甘く煮付けたシイタケが加わって、どこぞの料亭でとびきりの贅沢をしている味となる。

 美味しい美味しいと繰り返しながら、夫への評価を修正する。「無芸大食」は間違いだったようだ。ここは「一芸一能」あたりが適切だろうか。

 私と娘が4分の1ずつ食べ、半分は夫がすべて平らげた。

「大食」は修正しなくていいようだ。

エッセイグループ「ごめんあそばせ」の方々から届いたエッセイから、今日はこちらの作品「無芸大食の男」をご紹介しました。

 

コメント